ケンカするより良い!?旦那さんにイラっとしたとき、笑える程度の小さな復讐をする人たち

9

2021年05月12日 23:21  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


日常を夫婦として過ごしている最中、旦那さんに対してイラっとすることがありますよね。新婚当初はその度にイライラをぶつけてケンカになったりしていたかもしれません。しかし夫婦歴が長くなってくると、わざわざケンカをするよりも隠れたところで小さな復讐をしてすっきりするほうが楽だということに気づく人もいます。復讐といっても、くすっと笑えるレベルのもの。そんな小さなことでイライラが解消できるなら、ケンカするよりもずっといいですよね。皆さんの小さな復讐を集めてみました。

旦那さんにイラっとしたときの反撃。これですっきりするならOK!?



やられている旦那さんの反応を見たら、すっきり! でもそこまで被害もない、そんな復讐方法です。
『入浴中、トイレ中に電気を消す』
『ゴキブリのおもちゃに透明のテグスをつけて、旦那の太ももに這わせたら「ぎゃああああああ」って飛び上がってた』
『靴紐をめっっっっちゃ固く結ぶ。外出時に「あれ? あれ?」と焦っている背中を見てニヤニヤする』
『「髪にゴミついてるよ、とってあげる」って言いながら5本くらい抜いちゃう』
『洗濯物を裏返しで出していたら、全部そのまま洗ってそのままクローゼットに戻しておく』
『食事のメニューは旦那の嫌いな食材オンパレード』

やられたほうも思わず笑っちゃう?


やるほうだけではなく、やられたほうも思わず笑ってしまうような復讐(?)も。これはもう、復讐というより楽しんでますね。
『ビジネスバッグの社用携帯を入れるポケットに、おもちゃの電話を入れてやった』
『スマホ画面を私の顔にする』
『お箸とふりかけはアニメの女の子のキャラクターもの』
『寝ているときに、すね毛をピンセットで抜く』
『ペンを貸してと言われたとき用に、ビリビリがくるやつを用意してる』

これはちょっと笑えないかも……



中には、「ちょっと、やりすぎでは……」と思うものも。内容によっては、旦那さんに知られないようにしたほうがいいものもあります。
『旦那の歯ブラシで洗面台を磨いたことならある』
『お弁当代を全て一円玉で渡す』
『賞味期限が切れたものは全て旦那のお弁当へ!』
『旦那の料理だけ塩を大量に使う』
『ポケットに虫の死骸を入れておく』
『まだ冷える夜に寝具を接触冷感にしてやる』
小さな復讐は内容によってはかわいくて、微笑ましかったりしますよね。旦那さんが気付いて、一緒にクスっと笑えるものであれば、こういうコミュニケーションを取ることで夫婦の絆が深まるような気がしませんか? 復讐という名のいたずらができる夫婦は、実はとても素敵な夫婦なのかもしれませんね。(もちろん、笑えない内容のものは別ですよ!)

文・鈴木じゅん子 編集・しらたまよ イラスト・ごぼふく

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 電気消すは…
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • イラッとする事が極稀にあるけど、理路整然と冷静にその旨を伝えるよ。口があるし言語に不自由してないから。結局それが一番早いしお互いの為だよ、我が家では。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定