「マスク美人」がプレッシャーに…コロナ禍だからこそ整えられる”マウスピース矯正”の進化

80

2021年05月13日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真歯列矯正に使用する、マウスピース。ピンクのかわいい収納容器も(画像提供:キレイライン矯正)
歯列矯正に使用する、マウスピース。ピンクのかわいい収納容器も(画像提供:キレイライン矯正)
 歯列矯正というと、歯の成長に合わせて子どもの頃から始めるイメージがあるが、現在はその手法が多様化。歯の裏側に器具をつける「裏側矯正」や、着脱可能なマウスピースを使う「マウスピース矯正」など、見た目に配慮したものが増えた。そしてコロナ禍である昨今、マスクをする習慣で口元が隠れる状態に。だからこそ、この期間に口元を整えようと歯列矯正が新たに注目を集めている。

【画像】収納容器までかわいくカラフル…マウスピース矯正、装着画像も

 気になるのは矯正の”見た目”と”値段”。マウスピース矯正のブランド「キレイライン矯正」は、2万円(税込22,000円)から始められるとSNSで話題に。ワイヤーを使わず、患者一人ひとりに合わせてオーダーメイドする透明なマウスピースを使用するため、周囲からの視線を気にせず治療を進められることが利点になっている。収納容器もカラフルなラインアップで、コスメポーチに入っていても遜色ないデザインも印象的だ。

 マウスピース矯正は、複数枚のマウスピースを使用し、徐々に歯を動かすことで歯列を整える。「キレイライン矯正」の場合は、初回2万円(税込22,000円)で、2回目以降は税込44,000円。目安の費用は約10〜30万円になるという。

 マスクを着用するようになり、”マスク美人”という言葉も聞かれるように。逆に「マスクを外すのが怖い」とプレッシャーにもなりうる時代。歯列矯正の一番の利点は、見た目を改善できることだ。自身の生活スタイルや悩みをかかりつけ医に相談してみるのも、良い選択なのかもしれない。

このニュースに関するつぶやき

  • 子ども3人を矯正してた近所の家はいくら使ったんだろう(怖)。私ら姉弟はまあまあの歯並びから寝相?で前歯が前に出てきた。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 歯の矯正は健康にも関わるし大事だから保険適用ですべての子供たちが出来るようにして、当たり前になって欲しい…。
    • イイネ!80
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(39件)

ニュース設定