ガンバレルーヤ、まひるの地元局で史上初の試みに起用 初冠番組は“週末移住”でほっこり

0

2021年05月13日 15:24  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ガンバレルーヤによる地上波初の冠レギュラー番組『ガンバレルーヤの週末移住バラエティ 冠ルーヤ』 (C)日本海テレビ
ガンバレルーヤによる地上波初の冠レギュラー番組『ガンバレルーヤの週末移住バラエティ 冠ルーヤ』 (C)日本海テレビ
 お笑いコンビ・ガンバレルーヤ(よしこ、まひる)による地上波初の冠レギュラー番組『ガンバレルーヤの週末移住バラエティ 冠ルーヤ』が、日本海テレビ(鳥取・島根エリア)にて15日午後4時25分からスタートする。よしこいわく、YouTubeでの「自転車でパチンコ屋を回る番組」以外は初の冠番組だという2人だが、まひるの地元・山陰にある同局で全国区タレントのレギュラー番組が放送されることは、開局63年の歴史において初めての試みとなる。

【写真】砂浜を仲良くお散歩 初回は米子市からスタート

 現在も同居中の2人だが「今後も2人で住みたい、でもいつか地元に帰りたいまひるが、よしこと一緒に山陰に住んだら?」をシミュレーション。毎回1つの町で家を借りて、1泊2日でその町のことを知り、山陰のよさを再発見していく週末移住バラエティー。初回は、まひるが 高校時代を過ごした鳥取県・米子市から送る。

 オープニングは、まひるの実家にほど近い場所にある移住者用住宅からスタート。ナビゲーターを務めるのは日本海テレビの中尾真亜理アナウンサー。中尾アナは時には運転手、時には即席ヘアメイクも担当。「まひるさんもよしこさんもスタッフの名前を一人ずつ覚えていただき、アットホームな現場でした。山陰愛あふれる番組として私もサポートしていけたら」とその“裏方”としての活躍ぶりも見どころとなりそう。

 初回はまひるからご当地タレント扱いされる中野アナが運転する“よしこ号”で移動。地元の名店・“満州味”へ。ご当地グルメ・牛骨ラーメンの原点といわれる店で舌鼓を打つ。まひるのふるさとの味…かと思いきや、実はこれが初体験だそう。一口目から「ただいま」と感激の表情を浮かべるまひるに、よしこ「あんた、食べたこと無いんでしょう?」と目を疑う展開も。

 このほか、さっそく移住体験や街ブラと思いきや、2人の撮影時間の制限があるということで、今回は第0話ということで番組宣伝用のPR撮影やオープニングの撮影、そして写真スタジオでのポスター撮影など、番組の裏側を送る。ダンスをしたり、料理をしたり、メイクをされたり…よしこも「仕事というよりも遊びにきた感覚。休日の感じでずっとやってた」というほどに、ユルっと、とにかく楽しそうな2人にほっこりする内容となっている。
    ニュース設定