アラスカ航空、737 MAX 9とE175を30機発注

0

2021年05月13日 17:01  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

アラスカ航空は、メインラインとリージョナル路線用の機材30機を追加発注した。

発注したのは、エンブラエル175型機を17機と、ボーイング737 MAX 9を13機。エンブラエル175型機は2022年から23年にかけて導入し、ホライゾン航空が9機、スカイウェスト航空が8機を運航する。ボーイング737 MAX 9はオプションを行使する。

アラスカ航空では、アメリカの国内旅行が2022年夏までに、新型コロナウイルスの感染拡大以前の水準に戻ることを予想しており、グループ全体で多くの機体が必要となることから、発注を決めた。

2020年12月にボーイングとの契約を見直し、ボーイング737 MAX 9を2021年から24年までに68機、2023年から26年までにオプションとして52機を導入するとしていた。このオプションのうち13機分が行使される。リージョナル機は、ホライゾン航空の71機とスカイウェスト航空の40機を合わせた111機体制となる。

    ニュース設定