「ワンダーウーマン」俳優、イスラエルとパレスチナの武力衝突巡るコメントに物議 「虐殺行為の正当化だ」

3

2021年05月13日 18:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真現在第3子を妊娠中のガドットと家族(画像はガル・ガドット公式Instagramから)
現在第3子を妊娠中のガドットと家族(画像はガル・ガドット公式Instagramから)

 イスラエル人俳優のガル・ガドットが5月13日、母国とパレスチナの対立についてInstagramとTwitterでコメント。「悪しき連鎖がここまで至ってしまった」と両国間の政情悪化を嘆く投稿が物議をかもしています。



【画像】イスラエルとパレスチナの問題に反応する著名人



 長年、ユダヤ教・イスラム教にとって“聖地”とされるエルサレムを巡って争い続けてきたイスラエルとパレスチナ。今回の政情悪化はイスラエルが、東エルサレムで暮らすパレスチナ人家族に立ちのきを求める訴訟を起こし、これを認める判決が出たことに端を発し、軍事衝突へ発展。イスラエル軍とパレスチナ武装組織が攻撃を繰り返し、両国に死傷者が多数出る事態となっています。



 イスラエルには兵役義務があるため、現在は米国を拠点に活動するガドット自身も軍属だった経歴を持ちます。そのため「胸が痛みます」「家族や友人、同胞が心配です」と不安な気持ちをコメント。「イスラエル人には自由で安全な国に暮らす権利があります」とする一方で、具体的な国名は出さず「私たちの隣人にも同じ権利があるのです」と現地に暮らす人々が平和な生活を享受するべきだとしています。



 ガドットは被害者や遺族のために祈るとした上で「私たちのリーダーが隣り合った地で平和に生きるための解決策を見つけられますように、より良い明日のために祈ります」と両国トップへ向けた要望をつづりました。しかしTwitterでは、ガドットがコメント内で一切“パレスチナ”の国名を上げなかったことに違和感を示す声が多数投稿。「彼女はイスラエル人なのだから」と立場への理解を示す見方がある一方で、国連がイスラエルに自粛を求めるなど国際的にも同国への批判が高まっていることから、ガドットのコメントは「虐殺行為を正当化するものだ」「彼女がいうような戦争ではない」と批判されています。



 一方で同じくイスラエルにルーツを持つ俳優ナタリー・ポートマンは、イスラエル政府を批判するヴィオラ・デイヴィスの投稿を自身のInstagramでシェア。パレスチナの危機を訴える投稿を拡散していました。また両国間の武装衝突に、両国にルーツがない著名人も胸を痛めており、歌手のリアーナは「罪のないイスラエル人とパレスチナ人の子どもが亡くなっている」「私は全ての人類の味方」と中立の立場からコメントしています。


このニュースに関するつぶやき

  • ユダヤが存在する限り争いは起きる。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • イスラエル人がやっているホロコーストをコイツラが正当化する限り、ナチスと同類だ。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定