東急百貨店本店、2023年に建物解体 隣接するBunkamuraは長期休館へ

303

2021年05月13日 18:51  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    東急百貨店ロゴ                    Image by: FASHIONSNAP.COM
東急百貨店ロゴ Image by: FASHIONSNAP.COM
 東急と東急百貨店、LVMHグループの不動産開発投資を行うL Catterton Real Estate(以下、LCRE)の3社が、東急百貨店本店が位置する渋谷区道玄坂2丁目24番土地の開発計画を推進していくことに合意したと発表した。東急百貨店本店は2023年春以降に建物解体工事に着手する予定。

 同計画では、東急グループとLCREがパートナーシップを組み、東急百貨店本店に隣接するBunkamuraとの一体化によって日本を代表する施設の創出を目指すという。Bunkamuraは、同計画に合わせて大規模改修工事を実施するため2023年4月から長期休館を予定している。なお、新施設の詳細や開発内容、現・東急百貨店本店の営業終了時期については現段階では非公開とし、決定次第発表するという。

このニュースに関するつぶやき

  • 東急グループはグループ全体で収益1兆5千億円、百貨店事業は片手間でやってるようなもので、三越伊勢丹、高島屋よりも強いイメージが、将来的に百貨店は私鉄系列しか残らないんじゃないかな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • やばいよ、既に渋谷駅がどうなっているのかわからない状態で、本店が消失したらマジでどこを歩いているのがわからなくなる。気がついたら原宿にいるとかやらかしそうだw
    • イイネ!60
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(130件)

ニュース設定