岡山国際サーキット30周年記念ショートアニメ『ヘアピンダブル』今秋公開予定

4

2021年05月14日 00:52  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真岡山国際サーキット30周年記念ショートアニメ『ヘアピンダブル』2021年秋公開予定
岡山国際サーキット30周年記念ショートアニメ『ヘアピンダブル』2021年秋公開予定
 岡山国際サーキット(岡山県美作市)とネクストホールディングス(東京都渋谷区)は、1990年11月にオープンし、昨年開業30年を迎えた岡山国際サーキットの30周年記念プロジェクトの一環として、オリジナルショートアニメ『ヘアピンダブル』を製作。2021年秋に公開予定であることが発表された。

【写真】岡山国際サーキットクィーン・アイドルユニット・PaRet

 本作は、岡山国際サーキットを舞台に、突如、現れた謎の紳士と怪物たち。サーキット地下深くに眠る未知のエネルギーを狙って襲い来る未確認生物に対して、サーキットを守る任務を帯びたヒロインたちが変身し秘密兵器と共に繰り広げるバトルアクション。

 2つのヘアピンカーブを持つことで知られている岡山国際サーキット。スタッフとして働く、碓氷京子、千歳文緒、横須賀エリー、河合ひな。レースが行われるこの日も、それぞれの職務を遂行していた。ステージ上では、サーキットクィーン・アイドルユニット=PaRetのパフォーマンスが繰り広げられている。順調にレースは進行していったが、突如、未確認生物が襲撃してくる。

 そこに現れたのが、京子たち4人が変身したヘアピンダブル=ブルー、ピンク、グリーン、イエローだった。サーキットの地下900メートルに眠る未知の高エネルギー、ミマサカリキッド。そのポテンシャルをフルに引き出すため試作された5台のFFLU。適合ドライバーはまだ4人しか見つかっていなかった。

 サーキットの観客やスタッフを未確認生物から守るべく戦うヘアピンダブルたち。しかし敵は予想以上に手ごわかった。その時、最後の適合者=渋川あずみが発見される。戸惑いながらもあずみはレッドに変身し、戦いに加わるのだった。

 監督は『新劇場版 頭文字D Legend3 -夢現-』の中智仁。5人のヒロイン役に、M・A・O(『プリンセスコネクト!Re:Dive』ペコリーヌ役)、金元寿子(『スマイルプリキュア!』黄瀬やよい/キュアピース役)、花井美春(『ウマ娘』ツインターボ役)、井澤詩織(『メイドインアビス』ナナチ役)、近藤玲奈(『スロウスタート』一之瀬花名役)、レースコントロールの堀部健役に、『ドラゴンボール シリーズ』ベジータ役でおなじみの堀川りょうを起用。

 テーマソングは、2019年より、岡山国際サーキットを「もっと親しみやすい場所に」を目標に、サーキットでのレース・イベント会場のほか首都圏、関西・中国エリアなどでもライブ活動を行っているサーキットクイーン・アイドルユニット「PaRet(パレット)」 の「Road to Victory」。 作詞は池田彩(「プリキュア」シリーズのOP・ED曲など)、作曲はきただにひろし(『ワンピース』OP曲「ウィーアー!」など)が担当。ゴールを目指す強い気持ちを歌った、疾走感あふれるロックナンバーになっており、PaRetはアニメ劇中でもサーキットクイーンとして登場する。

■スタッフ
監督:中智仁
脚本:ナズカトキオ(つむぎ秋田アニメLab 文芸部)  
キャラクター原案:うずしおぽーん  
キャラクターデザイン:坂本千代子  
アニメーション制作:Felix Film   
音響制作:Ai Addiction 

■キャスト
レッド/渋川あずみ(弁当屋看板娘):M・A・O
ブルー/碓氷京子(技術委員):金元寿子 
イエロー/千歳文緒(コースレスキュー担当):花井美春
グリーン/横須賀エリー(見学バスドライバー):井澤詩織
ピンク/河合ひな(広報担当):近藤玲奈
堀部健(レースコントロール):堀川りょう

このニュースに関するつぶやき

  • TI英田サーキットから岡山国際サーキット。コース自体は楽しい良いサーキットなんだけど、運営の迷走が止まらない…��������
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • TI英田サーキットから岡山国際サーキット。コース自体は楽しい良いサーキットなんだけど、運営の迷走が止まらない…��������
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定