【キングオブコント2021】ザ・マミィ、岡野陽一の言葉を胸に優勝へ「サングラスを堂々とかけたい」

0

2021年05月14日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『キングオブコント2021』への参戦表明を行ったザ・マミィ(C)TBS
『キングオブコント2021』への参戦表明を行ったザ・マミィ(C)TBS
 “コント芸日本一”を決める『キングオブコント2021』のエントリー受付が、14日よりスタートした。今大会から即席ユニットでの参加が認められたことから、SNSなどで相方やユニットメンバーの募集を呼びかける芸人が続出。例年以上に多くのエントリーが予想されるなか、いち早く参戦を表明した芸人たちがTBSのスタジオに集結した。2年連続でセミファイナリストのザ・マミィは「今年こそ」と闘志を燃やす。

【集合ショット】『キングオブコント2021』参戦表明を行った各コンビ

 今大会から、ピン芸人同士のコンビやトリオ、ユニット同士の合体でも出場可能となる。大会を運営する『キングオブコント』事務局は「ピン芸人の皆様や新たなユニットでの参加により、笑いの化学反応が起きて、これまで以上に大会が盛り上がることを楽しみにしています。今まで出場の資格や機会がなかった芸人の方々のご応募をぜひお待ちしています」と期待を寄せた。

 林田洋平は「他の皆さんと違って、この場も試されているといいますか、ここで失敗したら2回戦あたりでつまずくこともあるかなと。いままで皆さんが決勝に行く姿を見ていましたから、今年こそは決勝に行って優勝したい」と意気込み。酒井貴士は「よく顔が似ていると言われる事務所の先輩で、キングオブコントの決勝にも出た、巨匠(2016年解散)の岡野陽一の兄者に、僕がサングラスかけてたら“お前はキングオブコントをとるかサングラスをとるか選べ”って言われたので、キングオブコントで優勝してサングラスを堂々とかけたい。とにかく去年よりも面白く。それしかないです」と語った。

 警戒するユニットについて、林田は「この会見を見て文句を言ってきそうなのが、ファイヤーサンダーの崎山祐さん。決勝に出ていた方とテレビに出ると、よく“決勝行ったツラするなよ”ってこっちをにらみつけているかなと。あとはホリプロコムのさんだるさん。名前をあげないと怒られそうなので」と気遣いのコメント。酒井は「警戒する相手は己自身です。己に負けないように。人のことを言っている場合ではないです。自分を甘やかさないことです。結局、自分に打ち勝つことで勝負にも勝てると僕は思っているんで。パチンコもそうですけど!」と、大勝負を好きなパチンコに例えた。

■『キングオブコント2021』応募資格
・プロ、アマ不問。所属事務所も問わない。
・芸歴の制限なし。
・2人以上のユニットに限る。よって1人(ピン)での出場は不可とする。
・即席ユニットでの出場可能(※「1人(ピン)と1人(ピン)」「1人(ピン)と“コンビ内の1人”」「コンビとトリオ」などの即席ユニットでの出場可能)
・併願エントリー不可(※同人物が異なるユニットで複数エントリーすることは不可とする)
    ニュース設定