セブン、シンプルすぎる「わさびめし」を発売 お茶漬けで食べると最高だった

2

2021年05月14日 06:20  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

コンビニ大手のセブン-イレブンは11日、北海道、福島、関東、北陸、中京、近畿、九州で「一番だしおむすび わさびめし」(124円)を販売した。

画像をもっと見る

■袋を開けるとわさびの刺激が…

カツオと昆布の一番だしを使ったこの商品、あまりにもシンプルすぎておにぎりコーナーの中で逆に目立つのだ。パッケージには具材の画像などはなく、中心に「わさびめし」と達筆な字がプリントされている。

シンプルだが商品のクオリティにはこだわっているようで、国産のうるち米ともち米がブレンド。きっと、見た目ではなく味で勝負する職人肌のおにぎりなのだろう。

袋を開けると、鼻にツーンとくるわさびの刺激的な匂いが広がる。これはもしかすると、結構な辛さなのかもしれない。

関連記事:炊飯器で作る愛媛県松山市の『北条鯛めし』 神功皇后も食べた味が超簡単に

■辛さのバランスはちょうど良い

記者が勝手に不安視していた辛さも実際に食べるとちょうど良く、爽やかな刺激が舌に伝わる程度。朝の寝ぼけた時間に食べると一気に目が覚めて、体が勝手にシャキッとすることだろう。

それだけでなく、カツオと昆布の一番だしがご飯に染み込んで、上品な旨味を表現しているではないか…。かなりの美味しさであっという間に完食していた。

■お茶漬けがとんでもなく美味かった

だしが効いているので、お茶漬けにしてみることに。20年以上使ってきた容器のせいか、写真映えしているとは言い難い出来上がりになってしまったがはたして。

一口食べて驚き、とんでもなくウマいぞこれ。お茶漬けにすることで、わさびの辛味とだしの旨味が良いバランスで融合。お酒を飲んだ後のシメで提供されたらガツガツと食べてしまう。

■昆布や半熟卵のトッピングも

そのままでもかなりのクオリティだが、お茶漬けにすると味が進化する「わさびめし」。一度作ってみてはいかがだろうか。リピートすること間違いなしだ。

何もトッピングせずに食べても美味しいが、塩昆布や半熟卵などを入れるとさらなる進化の体験者になれるかもしれない。自分だけの「わさびめし茶漬け」を完成させるのも悪くないだろう。

・合わせて読みたい→くら寿司マニアが薦める「通の食べ方」 えんがわ、ハマチが上限突破するウマさに

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

このニュースに関するつぶやき

  • 伊豆に、山葵と山葵の葉と鰹節だけの丼があった。アレは美味い。 https://mixi.at/a8inyOv
    • イイネ!8
    • コメント 0件
  • 伊豆に、山葵と山葵の葉と鰹節だけの丼があった。アレは美味い。 https://mixi.at/a8inyOv
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定