松坂桃李&井浦新の混浴シーンが解禁 『あのキス』第3話で2人の関係が急接近

0

2021年05月14日 06:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真テレビ朝日『あのときキスしておけば』第3話より(左から)松坂桃李、井浦新 (C)テレビ朝日
テレビ朝日『あのときキスしておけば』第3話より(左から)松坂桃李、井浦新 (C)テレビ朝日
 俳優の松坂桃李が主演する4月期テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』(後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)の第3話が、きょう14日に放送される。

【写真】ラブラブなおんぶをする松坂桃李&井浦新

 壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂)。ある日、大好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会いお近づきになり、友だち以上恋人未満な関係になるも、巴は不慮の事故で帰らぬ人に…。悲しみに暮れる桃地の前に現れたのは、巴の魂だけが乗り移ってしまった見知らぬおじさん=オジ巴(井浦新)。沖縄での事故後、桃地にくっついて東京まで帰ってきたオジ巴はそのままなし崩し的に桃地の家に居候することに。このおじさんが巴だということに半信半疑のままだった桃地も、ついにその現実を受け入れる決意を固め…。第3話では、まさかの混浴&おんぶでドキドキとキュンがますます加速する。

 桃地が“オジ巴=巴”であるという現実を受け入れたその帰り道、オジ巴の「桃地んちのお風呂は段ボールサイズ。のびのびお風呂に入りたい」という熱意に押し切られ、2人は銭湯に立ち寄ることに。突然訪れたまさかの初混浴に、キスさえしていないのに、いきなりお風呂をご一緒する。そもそも蟹釜先生(巴のペンネーム)の裸を見ていいものか、自分の裸を見せていいものなのか、と桃地の心はドキドキと困惑で大パニックに。そんな桃地をよそに、オジ巴はさっさと服を脱ぎ捨て、浴場へ入っていく。さらには桃地の髪をシャンプーしてあげるという衝撃サービスまで。

 また、桃地は足を捻挫してしまったオジ巴をおんぶしてあげる一幕も。ひと山乗り越え、すっかり心の壁が取り払われた様子の2人。桃地とオジ巴の恋は、ここにきていきなりの急接近を見せる。桃地がオジ巴をおんぶするシーンでは、「重くない? 重くない?」としきりに聞く井浦に、「大丈夫です、任せてください!」と男気を見せていた松坂。この先、ますます加速度を上げていくであろう桃地とオジ巴の恋から目が離せない。

 そして、第3話の、もう1つのキーとなるのは、巴と妙(岸本加世子)の“母と娘の絆”。第2話では妙から門前払いを食ってしまったオジ巴と桃地。自分の娘がある日、突然おじさんの姿になって帰ってきたら、誰だって簡単に信じて受け入れることなんてできないもの。しかし母親のことが心配でたまらないオジ巴は、桃地に妙の様子を見てくるよう命令。相も変わらず家にやってくる桃地は、「イタコ詐欺」を疑われながらも、必死に妙に理解してもらおうとする。姿形は変われど“母と娘の絆”は変わらない、はず…。果たしてオジ巴の気持ちは妙に届くのか。こちらも必見だ。
    ニュース設定