【るろ剣リレーインタビュー 第4回】新田真剣佑、「これが正義だ」信念を貫き通した役を生きる

0

2021年05月14日 07:31  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
実写版『るろうに剣心』シリーズが『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』をもってついに完結する。これを記念してシネマカフェではキャスト陣のリレーインタビューを敢行! シリーズ完結への思い、いまだから言える“あの”話、主演の佐藤健に言いたいor聞きたいことなどについて語ってもらい、さらにアンケートで寄せられた読者からの質問にも回答してもらう。第4回は、本作からの出演となる、剣心の前に立ちはだかる最強の敵・雪代縁を演じた新田真剣佑!

今作のアクションは「ひとつひとつが挑戦的」

――今回、雪代縁を演じることが決まった時の気持ちを教えてください。

最初にお話をいただいたのは撮影の2年前でした。当時は、本当に続編があるのか半信半疑でしたが、2年後、本当に話が進み始めたので「いよいよか」と思い、身が引き締まる思いでした。

――演じる上で、縁の内面に関して、どういう部分を大切に演じられましたか? 特に大切なセリフ、やり取りなどがあれば教えてください。

縁はもともとすごく心優しく、お姉さん思いで正義感の強い青年でした。角度を変えて見てみると、剣心と縁、どちらが悪なのか、決めつけることができないです。とにかく自分の信念を貫き「これが正義だ」と信じて生きてきた男を演じようと思いました。


――佐藤健さん演じる剣心と剣を合わせてみて、どんなことを感じましたか? これまでもいろんな作品でアクションは披露されていますが、今回、アクション監督を務めた谷垣健治さんによるアクション演出はいかがでしたか?

とにかくアクションシーンは楽しかったです。日本映画の最高レベルのアクションができて幸せでした。撮影中、谷垣さんのアイディアにはいつも驚かされました。迫力のある数々の動き、そしてひとつひとつのかっこよさ。できなかったことはなかったですが、ひとつひとつが挑戦的で、いつもワクワクしながら演じていました。

座長・佐藤健に「続編やりませんか?」

――現場で共演者のみなさんとどんな話をされたんでしょうか? 現場でのエピソードや思い出深い出来事などを教えてください。

アクションシーンを撮影中、元号が平成から令和に変わる瞬間を、みなさんと一緒に見ていたのを覚えています。そしてその後、アクションシーンを撮影しているうちに疲労が溜まり、みなさんがだんだんと無口になっていったという思い出があります。

――「座長・佐藤健さんに今だから言えること」を教えてください。

続編やりませんか?

――読者から寄せられた質問です。縁は、剣心の住む平和な世界を破壊しようとしますが、いま真剣佑さんが良い意味で壊してみたいなと思うものはありますか?

毛根(笑) 「AMサロン」というサロンを始めたので通って美肌になりたいです。

(text:Naoki Kurozu)

    オススメゲーム

    ニュース設定