サーバーに“魔除けの札” IT企業の奇習を描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言

28

2021年05月14日 07:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ここまでは割と事実だと……?
ここまでは割と事実だと……?

 サーバーにお札を貼って、サーバーの安定を祈願――。あるIT企業の儀式を、まことしやかに語る漫画が興味深いです。笑い話のなかに多少の真実がまぎれ込んでいるような……。



【画像】漫画を読む



 舞台は主人公の会社が運用しているサーバールーム。冷却や火災予防の観点からみるととても不合理ながら、「サービスレベル合意契約」とやらの都合で、しめ縄やお札で厳重な結界が張られています。



 主人公が訪ねた目的は、異常が検知されたブレードサーバーの保守。故障箇所をシャーシから抜き取り、お札で厳重に封印しておはらいします。これも「堕ちた(落ちた)サーバーには“けがれ”がある」との思想に基づいた、サービスレベル合意契約上必要な手順なのだとか。



 新たなサーバーを挿入して再設定と動作確認を行うと、今度はその安定稼働を祈る儀式。主人公は供物を捧げ二礼二拍手、祝詞を奏上すると、フリースタイルでスタイリッシュな神楽を舞い、稼働率向上を祈願するのでした。



 「運用担当技術者は人事を尽くして神様に頼るほどサーバーの安定性に気を配っているので、努力の結果落ちてしまっても責めないでやってね」と結ばれたこの漫画。作者の山田しいたさんいわく「2コマ目(お札が貼ってあるシーン)までは割と事実」とのことで、あながち冗談でもないようです……ってマジか!?



 それを裏付けるかのように、リプライでは「そういえば大学のサーバー室にお札があった」「前の会社では毎年大きい神社でおはらいをしていた」「出入りしていた会社のサーバー室では、入室時にマシンへあいさつする習慣があった。怠るとなぜかトラブルが起きて残業になる」など、類例が続々。みなさんが普段見ているサイトも、案外超常的な力に支えられているのかもしれません。



作品提供:山田しいたさん


このニュースに関するつぶやき

  • 機械モノはみんなそんなものw
    • イイネ!3
    • コメント 4件
  • 「完璧は当たり前。失敗や不具合は努力が足りないから」という傲慢な考えを否定するために必要な行為であると考えたら、合理性はそれなりにあると言える。
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定