「恋はDeepに」綾野剛の涙にファンもらい泣き 少しずつ謎も明らかに「現代版人魚姫やん」「お別れとか切なすぎる!!」

0

2021年05月14日 08:13  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真第5話での倫太郎と海音(画像は「恋はDeepに」Instagramから)
第5話での倫太郎と海音(画像は「恋はDeepに」Instagramから)

 ドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第5話が5月12日に放送。少しずつ謎が明らかになっていく中で、渚海音(石原さとみさん)が持っていた指輪に気付いた蓮田倫太郎(綾野剛さん)が涙を流すシーンが放送され、ファンからは「倫太郎にもらい泣きするって思わんかった…」「ひたすら涙出るやん…」と倫太郎に感情移入する声が相次いでいます。



【その他の画像】



 ※以下、ネタバレあり



 人間でないことを倫太郎に告白した海音。彼に対して特別な感情を抱いていることに気付きながらも、その感情に気を取られないよう心掛けながら自分の使命のため奔走しています。そんな中、蓮田トラストと鴨居研究所が合同で「星ヶ浜の今と未来」をテーマにしたイベントを開催。生き生きとした様子で海の魅力を語る海音を見て、さらに心ひかれていく倫太郎。しかし一方で、海音にだまされているのではないかという思いも抱えています。



 イベント終了後、倫太郎は海音の自宅を訪ねます。そこで目にしたのは、星ヶ浜で溺れて亡くなった母がつけていた指輪でした。星ヶ浜で拾った後、ずっと大切に持っていたという海音に運命的なものを感じる倫太郎。海音は、母が亡くなったのは自分のせいだと責める倫太郎を抱きしめます。そこで海音の手が冷たいことをあらためて疑問に感じた倫太郎が「きみは何者なの?」と問うと、海音は星ヶ浜で生まれ育ったこと、目的があって「ここに来た」こと、そしてあと2カ月ほどしかいられないということを告白しました。



 母の指輪を見つけて涙する倫太郎や、海音があと2カ月ほどしかいられないという告白に、ファンからは「お母さんと同じ、またお別れとか切なすぎる!!」「倫太郎はまた大切な誰かを失う…」と倫太郎の気持ちに寄り添って悲しむ声や「現代版人魚姫やんけ…」と、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『人魚姫』のオマージュではないかという声もあがっています。



【クイズDEドラマ】



4月期のドラマから毎話クイズを出題。問題は初級から上級まで全部で3問あるので、放送を思い出しながらチャレンジしてみてください。



●問題:蓮田家が親子でバチバチしながら楽しんでいたゲームは?



A:人生ゲーム



B:モノポリー



C:UNO























●答え B:モノポリー



太郎と光太郎、倫太郎が自宅リビングで楽しんでいたのはモノポリー。脚本を担当した徳尾浩司さんによると、第5話の個人的な見どころの一つとのことです。


    ニュース設定