DeNA・三浦監督、緩慢走塁の桑原は「反省していました」

5

2021年05月14日 08:43  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真DeNA・桑原将志
DeNA・桑原将志
 DeNAの三浦大輔監督が13日、オンラインで報道陣の取材に応じ、12日巨人戦の桑原将志の走塁について言及した。

 桑原は12日の巨人戦、5−5の9回二死走者なしから一塁後方にフライを打ち上げる。一塁と二塁手が“お見合い”する形の安打となったが、打者走者の桑原はスピードを緩めて走っていたため、二塁まで進むことができなかった。

 三浦監督は「スタッフミーティングで話しをしました」と明かし、「(桑原本人とも)今日(13日)話しをしました」と続けた。

 「去年1年ファームで見ていた。去年はどういう気持ちでやっていたんだという話しをしましたし、本人も反省していました。もう二度とするなと話をしました」と説明した。

 三浦監督は「これからの桑原を見てもらえたらなと思います」と今後に期待を寄せた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • 緒方監督ならひっぱたくと思う。
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • 守備ではギャンブルプレイするのに緩慢走塁なのよくわかりませんねw 戦力外一歩手前の立場だった事を忘れないで欲しい。果たして三浦監督の柔和な対応で選手の意識が変わるのか、注目ですね。
    • イイネ!5
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定