山田裕貴、『炎の体育会TV』で本気のピッチング 「絶対打たせません」

0

2021年05月14日 11:11  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©TBS)
(©TBS)
(©TBS)

俳優・山田裕貴が、あす15日よる7時より放送される『炎の体育会TVSP』(TBS系)に登場。野球の対決企画でピッチングを披露する。

■3時間前から念入りに準備

(©TBS)

山田の父はプロ野球・中日ドラゴンズや広島東洋カープに所属し、現在は広島の2軍内野守備・走塁コーチを務める山田和利氏。山田自身も中学まで野球に打ち込み、エースピッチャーとして活躍した経験の持ち主でもある。

今回は本気のピッチングで秘めた実力を披露し、最強のマスク・ド・バッターと対戦する。

対決を前に、山田は「久しぶりの野球対決を楽しみたい! (対決の)収録の3時間前に現場入りして念入りにピッチング練習をしたので、絶対打たせません!」と仕事の域を超えた本気モードで臨む。

関連記事:ダルビッシュ有投手、6回1失点の好投も… 「腕の使い方が間違ってる気がした」

■対戦相手は最強バッター

(©TBS)

対するマスク・ド・バッターには、ホームラン王2回の“マスクレッド”と、マスク企画史上トップレベルの技巧派である“マスクブルー”が登場。

マスクレッドは、「ホームラン王2回」「最高年俸3億円」「松井秀喜氏にキレて胸ぐらをつかんだ過去がある」「世界記録」などがキーワードで、数々の記録や伝説を持つ超一流バッターだ。今回の対決に「500%ヒット打てます!」と自信満々で話す。

一方のマスクブルーは、日本一になった読売ジャイアンツで、チーム最高打率を記録したテクニシャンだという。果たして、山田は2人から三振を奪えるのか注目だ。

■セント・フォース弓道部も登場

(©TBS)
(©TBS)
(©TBS)

また、「弓道対決」のコーナーでは、前回登場した際に新たなチーム編成でいきなり勝利したフリーアナウンサー・新井恵理那、玉木碧、森千晴の「セント・フォース弓道部」が2戦目に挑む。

今回の対戦相手は最強のイケメン大学生王者で、前回、新入部員ながら活躍した森は、今回も活躍に期待がかかる。

キャプテンの新井が、対決前に「私、先ほどの練習で全部当てました。きょうは絶好調です!」と自信をみせると、監督の狩野英孝が、「恵理那! 弓道をなめるんじゃない!」と一喝する場面も。

果たして、前回大活躍の森、安定感のある玉木、絶好調の新井らは2戦目も勝利することができるのか。

・合わせて読みたい→EXILE・TAKAHIROらが『霜降りミキXIT』で私服ドッキリに困惑 辛口評価でタジタジ

(文/しらべぇ編集部・けろこ

    ニュース設定