週間 17日にかけて日本海側で大雨に 記録的に早い梅雨入りの可能性も

0

2021年05月14日 11:51  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真週間 17日にかけて日本海側で大雨に 記録的に早い梅雨入りの可能性も
週間 17日にかけて日本海側で大雨に 記録的に早い梅雨入りの可能性も

17日(月)にかけて前線の活動が活発になり、日本海側を中心に大雨のおそれがあります。太平洋側もスッキリしない天気が続き、記録的に早く梅雨入りする可能性も。大雨の季節に備えて、早め早めの対策を。



●明日15日(土) 西から天気崩れる 九州北部では激しい雨や雷雨に


明日15日(土)は西から前線が延びてくるため、九州は広く雨となりそうです。特に九州北部では昼頃から激しい雨や雷雨の所があるでしょう。中国、四国も昼頃から雨雲がかかりそうです。近畿や東海は晴れ間もありますが、次第に天気が下り坂です。夜になると雨が降るでしょう。関東甲信は雲が多く、北部でにわか雨がありそうです。北陸、東北、北海道は高気圧に覆われて大体晴れるでしょう。雨が降る九州や中国、四国は25度に届かない所が多いですが、近畿や東海、北陸などは25度以上の夏日が続き、暑さが続きそうです。


●あさって16日以降は九州など大雨に注意


16日(日)は、前線が日本海まで北上し、前線の活動が活発化する見込みです。17日(月)にかけて、九州から東北の広い範囲で雨となるでしょう。特に九州から東北にかけての日本海側を中心に局地的に雨の降り方が強まり、まとまった雨となりそうです。大雨のおそれがあります。18日(火)には前線は南に下がるでしょう。九州など天気が回復する所もありそうです。その後も19日(水)頃は晴れる所もありますが、20日頃から再び九州から東北にかけて広く雨が降るでしょう。局地的に降り方が強まったり、雨量が多くなることがあります。今後の情報にご注意下さい。
最高気温は17日(月)頃までは平年より高く、湿度も高めでムシムシとした暑さになりそうです。熱中症にはより一層、注意が必要です。18日(火)以降はいったん季節先取りの暑さは落ち着き、平年並みの気温の所が多いでしょう。


●記録的に早い梅雨入りか


これまでに沖縄・奄美を筆頭に、5月11日(火)には平年より19日早く、九州南部で梅雨入りとなりました。あす15日(土)は九州北部や中国、四国地方で広く雨が予想され、来週にかけても、しばらくぐずついた天気が続くため、この週末に梅雨入りの可能性があります。四国はこれまでに最も早い梅雨入りは5月19日ごろ(1976年、1991年)でしたので、記録的に早い梅雨入りとなりそうです。そのほかの近畿や東海、関東甲信なども、この先は梅雨のような空模様が多くなりますので、平年より大幅に早い梅雨入りとなることもありそうです。


●大雨に備えて ハザードマップの確認を


これからの大雨の季節、いざ、避難する場合に備えて、あらかじめ避難場所や避難経路を確認しておくことは、とても大切です。その際、ポイントが3つあります。
〇堋村が作成しているハザードマップや、地域防災計画を見て「自分の住む地域は、どのような災害のリスクがあるのか」「災害が発生した時の避難場所はどこか」「安全な避難経路はどこか」確認しておきましょう。その際、氾濫の恐れがある河川や、土砂災害の恐れがある所も確認しておくと、避難経路を決める時に役立ちます。また、自宅だけでなく、学校や職場など、よく立ち入る場所はどのような危険があるかも、家族で一緒に確認しておきましょう。
⊃賛(冠水)した場合は、避難経路が限られてしまいます。事前に、複数の避難経路を確認しておきましょう。
L覺屬蓮昼間よりも、周囲の状況を把握しにくくなります。夜間の避難に備えて、建物など目印を決めて、避難経路を覚えておきましょう。
もしもの時に備えて、避難場所への避難経路を実際に歩いて、確認しておくのもおススメです。


    ニュース設定