“ウザい姑”はこうしてかわそう!嫁たちにこっそり聞いた簡単ワザ #1「過干渉から距離ができた!」

1

2021年05月14日 14:11  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
女性が結婚すると、たとえ気が進まなくても関わることになるのが夫の親=義両親。

離婚はしない…【仮面夫婦】の暮らしあるある #1「二重のショック」

特に、義母との関係に頭を悩ませているという女性もいるでしょう。

しかし、世の嫁たちの中には上手に嫁姑問題をかわしている人も。

今回は、妻たちに聞いた「ウザい姑を上手にかわす簡単ワザ」をご紹介します。

「姑がとにかく過干渉です。娘の食べるものや習い事など、それらには私自身も結構気を使っているタイプだと思うのですが、いちいち口を出してきてうんざり。

聞けば、夫が子どもの頃も神経質かつ教育熱心で、夫は中2で友達と一緒にファミレスに行くまでコーラを飲んだことがなく、夫の姉などはなんと週7で習い事をしていたのだとか。今はその矛先が孫に向いているんですね。

そんな折、姑は、娘が学校で育てた朝顔の鉢植えを『ばあばにあげる』と手渡したのをきっかけに、娘に見せるために、なんとなくプランターを使ってお花やちょっとした野菜を育てている様子でした。

そこで、これだ! と思い『お義母さん、せっかくこんなに綺麗に咲いてるんだから、インスタに載せれば?』とダメ元で提案してみたんです。しかし、これが大当たり!

『◯◯ちゃんばあばのお花、色がすっごく綺麗。本当に自然栽培?』『もうすぐ夏野菜が色づきますね、楽しみです!』とコメントやいいねがわんさか届いて、見事にインスタにハマってしまったようで、今はむしろ孫よりインスタ映えに目が向いてくれています」(薬剤師/32歳)

かつて教育熱心で子ども命だった女性に孫ができた途端、矛先がそちらに向くというのはたびたび耳にする話。

もし姑に何か趣味や特技がある場合は、それを誰かに評価してもらえる場所を紹介するのは、姑の意識をそちらに向けるためにも、姑の心の安定のためにも良いかもしれませんね。

この女性は「いい具合に距離ができて付き合いやすくなりました。お義母さんも誰かに認められたかったのかなぁ」と語っていました。

このニュースに関するつぶやき

  • うちは夫が防波堤になってくれてるので無問題。顔を合わせば憎まれ口を叩くけど、全く相手をしなくても無問題なほどの内容なので、これも問題無い。いちいち聞いてられっか。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定