白い恋人×萩の月×博多通りもん 銘菓3社が夢のコラボ、16日からウェブ限定販売

0

2021年05月14日 15:01  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

北海道の石屋製菓、宮城県の菓匠三全、福岡県の明月堂の3社は共同で、代表する菓子「白い恋人」「萩の月」「博多通りもん」を詰め合わせたセットを、5月16日からウェブサイトで限定販売する。

新型コロナウイルスの感染拡大による観光客の減少という、共通の課題に直面する地方のお土産菓子メーカー3社が、会社の垣根を越えて手を取り合い、「コロナ禍で落ち込んだ世の中をお菓子のチカラで元気にしたい」として、新プロジェクト「ニッポンのおみやげんきプロジェクト」を開始する。

プロジェクト第1弾として、3社それぞれの代表菓子である「白い恋人」「萩の月」「博多通りもん」を、オリジナル風呂敷とセットでひと箱に詰め合わせた「おみやげんきBOX」を、16日からプロジェクトのウェブサイト限定でオンライン販売する。

白い恋人ホワイト18枚入、萩の月6個入、博多通りもん12個入と、オリジナルの風呂敷が付いて、税・送料込みで価格は5,400円。白い恋人の保冷のため、夏場はヤマト運輸のクール宅急便で発送する。支払い方法は、クレジットカード決済と、携帯会社のキャリア決済、PCのみでAmazon Payに対応する。販売開始は5月16日の午前10時からで、注文から発送まで2週間から3週間かかる。初回発送は5月末に、第2回発送は6月上旬を予定している。離島や海外への発送は行わない。

このプロジェクトでは、今後、催事出店や、各社の商品や素材同士を組み合わせた限定商品の開発等も進めていく予定としている。

    ニュース設定