背中の凝りがハミ肉を招く!?代謝も上がる背中ストレッチ

2

2021年05月14日 20:30  つやプラ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」
40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」

薄着の季節になってくると気になるのが、背中のハミ出し肉ですね。せっかくのおしゃれなトップスも、ぽっこりとお肉が乗っかっては台無しです。

体型改善の専門家であるパーソナルトレーナーの筆者が、背中のハミ肉を解消するためのストレッチをご紹介します。

■背中の筋肉が固くなると代謝ダウン

代謝UPを目指す!背中のハミ肉をなくすためのストレッチ

普段から背中の筋肉を動かしていますか? デスクワークが多いと、背中周りの筋肉をあまり動かしません。筋肉を動かさないことで、筋肉がガチガチに固まってしまいます。

それをそのまま放っておくと、背中の筋肉がおとろえて、代謝が下がってしまいます。

■代謝が下がると脂肪とむくみが目立つように

背中の筋肉がおとろえ、代謝が下がると、ハミ肉が目立つようになります。なぜなら、脂肪とむくみが目立つようになるからです。

筋肉がおとろえると、同じ体重でも脂肪が目立つ

「特に体重は変わっていないけれど、ハミ肉やたるみが目立つ」のは、その部位の筋肉がへった分、脂肪がついたからです。

脂肪は筋肉と比較して20%程度サイズが大きく、体重が変わらなくても、脂肪が増えると身体のたるみは目立ち、サイズは大きくなります。

筋肉がおとろえると、むくみやすくなる

さらに、筋肉がおとろえるとその部位の血流が悪くなり、代謝も悪くなってしまいます。するとその部位に対してむくみがたまり、さらにハミ肉が大きくなってしまうのです。

ですから、ハミ肉を解消したければ、背中の筋肉の柔軟性を上げて動かし、おとろえを防がなければいけません。

■広背筋をストレッチ

背中のハミ肉に大きく影響するのが、広背筋です。

代謝UPを目指す!背中のハミ肉をなくすためのストレッチ

広背筋とは、背中の筋肉の中で最も大きな筋肉で、背骨から脇を通って二の腕に付着しています。

主に引っ張る動作をする筋肉ですが、日常生活ではあまり十分に動かす機会はありません。ですから広背筋がおとろえることで背中の代謝低下が起こり、ハミ肉につながってしまうのです。

■広背筋ストレッチの方法

背中のハミ肉を減らすために役立つ、広背筋のストレッチの仕方をお伝えします。

この投稿をInstagramで見る

つやプラ – 40・50代女性の美容健康情報メディア(@tsuyaplus)がシェアした投稿

代謝UPを目指す!背中のハミ肉をなくすためのストレッチ

(1)左腕を上げて肘を曲げます。

(2)右手で左手首をつかみます。

代謝UPを目指す!背中のハミ肉をなくすためのストレッチ

(3)身体を右側にたおします。この時、右手で左手首を軽く引きます。

(4)30秒間キープします。

(5)反対側も同様に行います。

背中は非常に年齢を感じさせるところです。その分、スッキリしていれば、それだけ若くみられる部分でもあります。毎日のストレッチのルーティーンに背中のストレッチをとりいれて、スッキリとした背中を作りましょう!

(パーソナルトレーナー 藤本 千晶)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定