映画『ファイナル・プラン』優しく甘い眼差しのリーアム・ニーソンを激写

0

2021年05月14日 23:42  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真リーアム・ニーソンが主演、映画『ファイナル・プラン』7月16日より公開予定 (C)2019 Honest Thief Productions, LLC
リーアム・ニーソンが主演、映画『ファイナル・プラン』7月16日より公開予定 (C)2019 Honest Thief Productions, LLC
 『シンドラーのリスト』「スター・ウォーズ」シリーズ(クワイ=ガン・ジン役)で名優の地位を確立し、『96時間』シリーズでリベンジ・アクションの礎を築いたリーアム・ニーソンが主演する映画『ファイナル・プラン』(7月16日公開)の場面写真が新たに解禁された。愛する人に優しく微笑みかけていたり、まるで子犬のような哀愁を漂わせていたり、これまで数々の作品で修羅場をくぐり抜け、怒り、そして自ら手を下してきた誰もが恐れる男リーアムの優しく甘い眼差しが新鮮だ。

【動画】映画『ファイナル・プラン』予告編

 リーアムが本作で演じたのはスゴ腕の爆破強盗カーター。7つの州で12の銀行を襲い、あらゆる金庫を破ってきたが、現場に一切の痕跡を残さず、カーターの正体を知る者はいなかった。全米犯罪史の伝説となっていたカーターは運命の女性アニー(ケイト・ウォルシュ)と出会い恋に落ちる。

 解禁された場面写真では、カーターが恋人アニーのためにサプライズで用意した新居で微笑み合う穏やかなカット。カーターは過去を償いアニーと人生を共にするため、FBIに自首することを決意する。そして、アニーにも真実を告げるシーンを切り取ったカット。罪は犯したが誰一人として傷つけていない、アニーへの気持ちに偽りはない、信じてほしいと話している時のカット。

 彼女との新しい人生を歩むはずだったが、2人のFBI捜査官がカーターの盗んだ金を横領し罠にはめようとする。さらにはアニーにまで危害が及ぶ展開に。今作ではFBIとの闘いによる激しいアクションシーンもさることながら、リーアム・ニーソンが最愛の恋人のために献身する姿も見どころの一つとなっている。
    ニュース設定