エドガー・アラン・ポー「デュパン」キミノベル版のイラストをはみが担当

1

2021年05月14日 23:48  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「世界の名探偵1 デュパン」
「世界の名探偵1 デュパン」
「灰色の季節、箱庭で」のはみがイラストを担当した小説「世界の名探偵1 デュパン」が、明日5月15日にポプラ社の児童文庫レーベル・キミノベルから発売される。

【大きな画像をもっと見る】

「世界の名探偵」は、長く愛されてきた探偵小説の名作を“魅力あるイラストと親しみやすい翻訳”で新たに送り出す新シリーズだ。その第1弾となる「デュパン」はエドガー・アラン・ポーの作品で、訳は戸川安宣が担当。「モルグ街の怪事件」「マリー・ロジェの謎」「盗まれた手紙」の3編が収録される。また同シリーズからは今後「ホームズ」「ルパン」「明智小五郎」「岩井信一少年」が刊行予定。

このニュースに関するつぶやき

  • 「デュパン」じゃなくって、リュパンの翻訳とイラストの担当が気になりますっ!
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定