『ボクの殺意が恋をした』“間が悪い”殺し屋・中川大志に命を狙われるヒロインに新木優子

0

2021年05月15日 08:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『ボクの殺意が恋をした』ヒロイン・鳴宮美月役の新木優子 (C)Satoshi Kuronuma
ドラマ『ボクの殺意が恋をした』ヒロイン・鳴宮美月役の新木優子 (C)Satoshi Kuronuma
 俳優の中川大志が主演する7月スタートのドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、女優の新木優子がヒロイン役で出演することが発表された。

【写真】ドラマ『ボクの殺意が恋をした』でヒロイン役を務める新木優子

 本作は、身体能力100点、ルックス100点、でも殺しの才能は0点の、最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋しちゃう(?)殺意と恋が入り混じるスリリング・ラブコメディー。地上波ゴールデン・プライム帯ドラマ初主演となる中川が、主人公の殺し屋・男虎柊(おのとら・しゅう)を演じる。脚本は映画『翔んで埼玉』の徳永友一ほか。

 自分の育ての親が“伝説の殺し屋”とは知らない主人公・男虎柊。しかし、その“伝説の殺し屋”が何者かに殺されたことで日常が一変。育ての親のあだを討つため「殺し屋家業」を継ぐことを決意し、用意周到に暗殺ターゲットの女・鳴宮美月に近づくが、身体能力は申し分ないにもかかわらず、自らの間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない。逆に、危険が迫るターゲットを守ってしまうことに…?

 新木が演じるのは、主人公・男虎柊の暗殺ターゲットで大人気漫画家の鳴宮美月。柊は“間が悪い”ために、美月を殺すどころか守ってしまう。そんな柊に守られることで次第に引かれていく美月。しかし美月はある大きな秘密を抱えており…。
 
 中川との共演について、新木は「中川大志さんは間の悪い主人公とは正反対の空気を読みながら場を和ませられるしっかりとしたイメージがあるので、そんな中川さんが演じる間が悪い愛すべき主人公がどんなキャラクターになるのかとても楽しみです!」とコメント。

 自身の役どころについては「クールビューティー、ドライ、人嫌いで、色で例えると寒色。スキが見えないそんな性格だけど気になる人を目の前にすると動揺してしまう、人間らしいキャラクターにすごく引き込まれました。ピュアな主人公が、ターゲットなのに思わず心惹かれてしまう魅力が出せるよう台本と向き合い楽しみながら演じたいです」と話している。

 日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』は、日本テレビ系にて7月より毎週日曜22時30分放送。
    ニュース設定