民意とすれ違う聖火リレー、止められないテレビの美談報道とネット反応の転換期

27

2021年05月15日 09:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真聖火リレー以降はネガティブ反応が急増
聖火リレー以降はネガティブ反応が急増

 2021年夏の東京オリンピック開催が揺れている。どうしても開催したい政府とIOCに対し、民意は「いやこれ正直無理じゃね?」という気持ちに傾いている。



【その他の画像】



 そんな中、オリンピックのプレイベントとしての「聖火ランナーリレー」は粛々とスケジュールをこなしている。4月23日には四国から九州に渡り、東側を経由して沖縄へ、そこで折り返して西側を通って本州に戻る。



 筆者が住む宮崎県では4月25、26日に聖火リレーが実施された。筆者もまだ第4波が確認されるまでは、せっかくなので見物しようと思っていたのだが、県内で22日に27人、24日には35人の新規感染者が確認され、第4波の発生が確定的となった。そうなっては、行くのははばかられる。



 各地を回る聖火リレーの話題は、地元テレビではこのイベントを好意的に捉えているものが多い。選ばれたランナーも、その背景には「報道が語る要素」がある美談の持ち主が多い。これが平時であれば、好意的な報道で問題ないのだが、全国的にコロナウイルス第4波が確認されている中、沿道に多くの観客を集めるイベントを実施することの是非を問うスタンスは、テレビでは少ないように思える。



 九州に限って民放各社の報道タイトルを調べてみたところ、以下のように報じられている。



・大分県:聖火リレー 大分県の最終ランナーはさっしーでゴール!(テレビ大分)



・宮崎県:聖火リレー宮崎県に「希望の灯になるよう」(日本テレビ)



・鹿児島県:聖火リレー28日のルートは 県出身の有名人も駆ける(鹿児島テレビ)



・沖縄県:沖縄県での聖火リレー2日目 2日間で約180人が聖火つなぐ(沖縄テレビ)



・熊本県:聖火リレー熊本スタート 豪雨・地震被災地でつなぐ(テレビ朝日)



 これは一例に過ぎないが、沖縄県に渡った辺りから微妙にトーンが変わって、沖縄、熊本のタイトルは事実のみを淡々と報じているように見える。



 その理由は、27日の鹿児島県での聖火リレーで、沿道で観客が密集しないよう呼びかけるプラカードを持つ業務を担当していた自治体職員3人と、交通整理に当たっていた自治体職員ら3人の計6人が、 コロナウイルスに感染したことが確認されたからだろう。



 聖火リレー中の感染確認はこれが初めてではない。



 4月22日には、香川県で聖火リレーの交通規制業務に当たっていた警察官1人の感染が確認されているが、大きなニュースにはならなかった。しかしTwitterは大きく反応し、ここ1カ月で聖火リレー関連のツイート数は最多であった。「Yahoo! リアルタイム検索」の分析によれば、ネガティブ反応は90%である。



 それ以前の平均はネガティブ反応78%で、やはり聖火リレー関係者の感染は、国民感情を大きくネガティブ方向へ引っ張ったようだ。



●止まらない、止められない



 なぜ各自治体は聖火リレーを全面中止に転換できないのか。それはすでに巨額の費用を地方税から投入しており、すでに人も動員してしまっているからだろう。例えば宮崎県の場合、令和元年の「総務政策常任委員会資料」を見ると、東京2020オリンピック聖火リレー等実施事業としておよそ2.17億円の債務負担を計上しており、このうち8000万円が宝くじ収益金の分配を予定、とある。



 主な内容としては、



・リレー運営費(運営、警備、装飾等)で約1.6億円



・セレモニー費(出発式、到着式等) 約6500万円



・共通費(交通規制広報、実施記録等) 約2700万円



となっている。



 この他、通過市町には実施費用の一部と式典の実施費用全額の負担を求めるともある。こうした予算繰りに関しては、他県も事情はそう変わらないだろう。こうした全国規模のイベントは公共工事と同じで、一度予算を消化し始めたら、もはや止められない。47都道府県の中で自県だけやってないといった汚名を背負い込む度胸は当然なく、それゆえに公道走行断念や無観客対応となって受益者が大幅に減少しようとも、実施の方向からは動かせない。



 テレビ報道が反聖火リレーへ転換できないのも、似たような理由である。聖火リレーは47都道府県にまたがる全国報道であり、NHKは全国の支局から、民放はローカルネット局から人材を集めてチームを編成する。各県プロデューサー1人、ディレクター3人ぐらいだろうか。それにカメラマン他撮影クルー3班〜5班ぐらいを編成すると、1局につき15人ぐらいのチームになる。



 東京は別格で除いたとしても、NHKおよび各キー局は、のべ700人近い報道体制で望むことになる。それだけの人と予算を投入していたら、やはり最初に描いた「がんばれニッポン的な絵図面」から方向転換するのは難しい。



 特に全国報道の主導権を握るのは、東京だ。地方でいくら反発があったとしても、東京に響いていなければ方向転換はない。こうして地方感情と全くズレた全国報道が出来上がっていく。



 一方地方新聞は、こうした全国ネット的なしがらみはないはずだ。淡々と縮小のストレートニュースを報じるにとどまらず、市民感情に寄り添った報道もできるはずだが、そこまで踏み込んだ記事は今のところ、沖縄タイムスぐらいしか見つけられなかった。



 他方で先日、聖火リレー中止に走る自治体は無責任だとする意見記事が出て心底驚いた。たとえ無観客でも、ランナーとして走る人には意義があるということだろうか。



 すでにプレイベントで予算を消化してしまっているぶんはあるにしても、公道リレー中止で浮いた予算が数千万円でもあれば、コロナ禍における収入補償や医療従事者への手当金等が強化できるのでは、と思うのは素人考えなのだろう。それは重々承知しているが、イレギュラーな事態にはイレギュラーな施策が必要ではないのか。



 総務省統計局の労働力調査によれば、就業者数は前年同月比で51万人減少しているにも関わらず、完全失業者数は前年同月比で12万人増加にとどまる。完全失業者とは求職しているが就労できていない人なので、2021年の定年退職者がものすごい人数だったのでなければ、求職を諦めた人が相当数いるということになる。そんな中で2億円を消費する聖火ランナーを応援する気になれないだろう。



 またランナーにしても、地元の人に見てもらえず、応援もされずに走ることに、どれほどの受益があるのだろうか。



 聖火リレーは、5月15日、24番めの島根県で全国の半分を超えることになる。オリンピックそのものが中止になれば、聖火リレーをやる意味もなくなるが、残りの聖火リレーは中止にできるのだろうか。仮に中止になったら、報道は無念の美談報道に切り替わるだろうが、その姿勢に私達は、どんな気持ちを抱くことになるだろうか。



 聖火リレーは、オリンピックに対する国民全体の団結を促すイベントだったはずだ。だが現状の強行劇は、逆にわれわれの間に新たな分断を生んでいるのではないだろうか。



(小寺信良)


このニュースに関するつぶやき

  • 国粋主義者は「国」を「政府および国体」と規定し「国民」は疎外しているようだね。「日本人の普通」とは、無謀を無謀と捉えている大方の人々の感覚のことだよ。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 共産党はじめとする反対派は中止しろと喚き、どうしたら開催できるかなんて一切考えていない。「 開催するためにどうすればいいか努力をする 」というのが、開催国である日本人の本来の姿だろう。 https://mixi.at/a8jPA61
    • イイネ!35
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(17件)

前日のランキングへ

ニュース設定