中日、燕・小川の前にわずか3安打…今季3度目の完封負けで最多更新の借金7

10

2021年05月15日 18:04  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真中日・与田剛監督
中日・与田剛監督
● 中日 0 − 5 ヤクルト ○
<7回戦・バンテリンドーム>

 中日は打線が振るわず今季3度目の完封負け。借金は今季ワーストを更新する「7」に膨れた。

 前夜は10安打13残塁と好機での一本が出なかったが、この日はヤクルト先発・小川の前にわずか3安打。1点を追う3回は8番・石橋の中前打を口火に二死二塁としたが1番・大島が二ゴロ。5点を追う7回は一死から3番・福田が三塁線突破の二塁打で出塁したが、4番・ビシエドが二ゴロ、続く高橋周は三邪飛に倒れた。

 先発の福谷は6回途中7安打2失点で4敗目(1勝)。一死満塁で見事な火消しを披露した2番手・谷元の好投も実らなかった。7回は3番手の鈴木が崩れ一気に3失点。投打とも振るわず、ヤクルト戦はこれで5連敗となった。

このニュースに関するつぶやき

  • どあらしかがんばっていない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ヤクルトスワローズ、ナイスゲームでした。中日ドラゴンズ、低調なのは心配。
    • イイネ!5
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定