「日焼け止め」おすすめ5選 アネッサ限定パケなどシーン別に選ぶ【2021年5月版】

3

2021年05月15日 18:10  Fav-Log by ITmedia

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fav-Log by ITmedia

写真 ANESSA(アネッサ) 「パーフェクトUV スキンケアミルク a」『ポケモン限定パッケージ』(ゼニガメ)(出典:Amazon)
ANESSA(アネッサ) 「パーフェクトUV スキンケアミルク a」『ポケモン限定パッケージ』(ゼニガメ)(出典:Amazon)

 気温が上がり、紫外線が気になる時期になってきました。おうち時間が増えて出社する日が減っていても、日々の買い物や子供の送り迎えなど、紫外線が気になるシーンはあります。

【その他の画像】

 ここでは選ぶポイント3つとおすすめ製品5選をご紹介します。

●「SPF」「PA」「+」って何?選び方のポイント

 日焼け止め製品には「SPF」や「PA」といった表記を見かけますが、一体どういう意味なのでしょうか。

 「SPF」とは「Sun Protection Factor」(サンプロテクションファクター)の略で、紫外線の「UVB」(紫外線B波)の防止効果を表しています。紫外線は波長によって「UVA」「UVB」「UVC」に分けられますが、「UVC」は地表に届かないため、日焼けは「UVA」「UVB」を意識しましょう。

 「SPF」が防止する「UVB」は肌に炎症を起こす紫外線のことで、肌を赤く炎症させヒリヒリとした状態にしてしまいます。これを防ぐ効果を表しているのが「SPF」で最高値は50です。51を超える製品については「SPF50+」と表記されます。

 「PA」とは「Protection grade of UVA」(プロテクショングレイドオブUVA)の略で、「UVA」(紫外線A波)の防止効果を表しています。「UVA」は、浴びた後に肌をすぐに黒くしてしまいます。防止効果は「+」「++」「+++」「++++」の4段階で表記し、+が多い方ほど防止効果が高いということになります。

 では、「SPF」や「PA」がより高い日焼け止めを選べば良いのでしょうか。確かに防止効果が高い方が安心できる面もありますが、効果が高ければ肌への負担も高くなる可能性があります。日本化粧品工業連合会によると、生活シーンに合わせて日焼け止めを選ぶことが推奨されています。以下がその指標です。

・日常生活(散歩、買い物等):SPF10〜20、PA+〜++

・屋外での軽いスポーツ・レジャー:SPF20〜30、PA++〜+++

・炎天下でのスポーツ・レジャー:SPF30〜50+、PA++〜++++

●自分の肌質に合ったものとは?

 日焼け止めを塗る上で、肌への負担も考えておきたいですよね。紫外線を防ぐ成分には主に「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

 紫外線吸収剤は肌に紫外線を吸収するわけではなく、吸収剤自体が化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、熱エネルギーなどに変換して肌表面から放出します。これにより皮膚細胞へ紫外線が浸透するのを防ぐ効果があります。個人差はありますが、ごくまれにかゆみなどの刺激がある人がいるようです。しかし市場に出回っている製品については、安全性が認められていることがほとんどです。

 紫外線散乱剤は、散乱剤(パウダー)が肌を覆い、物理的な仕組みで紫外線を乱反射させて逃がします。

 製品によりどちらかを配合している場合もあれば、両方配合している場合もありますが、「紫外線散乱剤」のみを配合しているものを「ノンケミカルサンスクリーン剤」などといいます。お肌への刺激が少しでも気になる人は「ノンケミカルサンスクリーン剤」を選んでも良いでしょう。

 また、「アレルギーテスト済」といった安全性テスト済みの製品を選ぶのも、肌トラブルを予防できる可能性が高まります。

(出典:花王「紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いは?どうやって見分けることができるの?」)

●「落としやすさ」と「落ちにくさ」もチェック

 炎天下でのスポーツや海・プールに入る場合は、落ちにくい日焼け止めが良いでしょう。「ウォータープルーフ」「汗に強い」といった表記があるものを選ぶと良いでしょう。

 また肌の負担を考えると、日焼け止め成分をしっかり落とせることも選ぶポイントとなります。「専用クレンジング不要」「せっけんで落とせる」など、お風呂タイムでしっかり落とせるものを選ぶと、毎日使いやすいでしょう。

●生活シーン別!おすすめ製品5選

デイリー使いに! ニベアサン「プロテクトウォータージェル」

 Amazonでもベストセラーとなっているのが花王のニベアサン(NIVEASUN)の「プロテクトウォータージェル」。SPA50/PA+++と高い防止効果でありながら、ジェルタイプなので毎日手軽に使用できることが人気の秘密のようです。また、ヒアルロン酸+天然植物エキス(うるおい成分)配合なので、乾燥が気になる人にもうれしい製品です。

 内容量はたっぷりの140g。全身に使用可能です。せっけんで落とせますが、「ウォータープルーフ」タイプではありません。価格は800円前後なので、毎日たっぷり使っても罪悪感がなく、詰め替え用(125g)もあるので経済的です。ポンプタイプというのも使いやすいポイントの1つです。アレルギーテスト済み。

汗をたくさんかくシーンに ANESSA(アネッサ) 「パーフェクトUV スキンケアミルク a」

 日焼け止め効果が高くて人気の資生堂のアネッサ(ANESSA)。「パーフェクトUV スキンケアミルク a」は、防止効果がSPF50+/PA++++と高く、ウォータープルーフ(80分間の水泳テストで耐水性を確認済)なのでたくさん汗をかくシーンや海・プールでも日焼け止め効果を発揮します。容量は60mLと20mLがあります。

 ミルクタイプで肌によく馴染み、化粧下地にも使用可能です。2層タイプなので、よく振ってから使用しましょう。香りはシトラスソープとなっています。せっけんで落とせます。価格は2300円前後。アレルギーテスト済み。

 また2021年3月からポケモンとコラボした『ポケモン限定パッケージ』を数量限定発売しています。日本国内で販売されているのは「ピカチュウ」「イーブイ」「ゼニガメ」となっていますが、すでに売り切れている場合もあります。

赤ちゃんも使用可能  キュレル「UV カット デイバリア UV ローション」

 花王のキュレル(Curel)シリーズは、乾燥性敏感肌の人でも使用できる肌に優しい製品を取り揃えています。その日焼け止め「キュレル UV カット デイバリア UV ローション」は、SPF50+/PA+++と防止効果が高いながら、紫外線吸収剤無配合で赤ちゃんなどのデリケートなお肌にも全身使用可能です(敏感肌の人のパッチテスト済)。

 また、にきびのもとになりにくい処方のノンコメドジェニックテスト済となっています。さらにちりや花粉などの汚れの付着を防ぐデイバリアテクノロジーを採用、無香料、無着色です。

 内容量は60mL。落とし方は顔はメイク落とし、からだはボディウォッシュを使用してよく洗います。子供はボディウォッシュを化粧用コットンやタオルに含ませてから、優しく拭き取り、丁寧に洗いましょう。価格は1600円前後です。

何度重ね塗りしても軽い! ビオレ「UV アクアリッチ ウォータリエッセンス」

 花王のビオレの日焼け止め「アクアリッチ ウォータリエッセンス」は、ミクロUVカットカプセルが配合されているのが特徴です。これにより、ミクロレベルの隙間まで塗りムラを防ぎます。

 また「水感エッセンス」ですっと素肌に馴染み、ウォーターカプセルが配合されているので乾燥も防ぎます。その他、ヒアルロン酸やローヤルゼリーエキス、BG配合(保湿成分)と肌への負担が考慮されています。アレルギーテスト済みで、無着色です。

 軽いテクスチャーでありながら、防止効果はSPF50+/PA++++と高く、ウォータープルーフタイプです。せっけんで落とせます。内容量は85g、価格は1000円前後です。

外出先でお手軽に ANESSA(アネッサ)「パーフェクトUV スキンケアスプレー a」

 スプレータイプの日焼け止めは、外出先でもさっと吹き付けることができるため、1本は持っておきたいアイテムです。

 アネッサ(ANESSA)の「パーフェクト UVスキンケアスプレー」の防止効果はSPF50+/PA++++で、シトラスソープの香りです。汗・水・皮脂・こすれに強いスーパーウォータープルーフタイプ(80分の水泳テストで確認済)ですが、せっけんで落とすことができます。全身に使えることはもちろん、髪や頭皮、メイクの上からも使用可能なので、外出先での日焼け止めの塗りなおしに重宝しそうです。また360度ムラやけ対応なので、様々な角度からの紫外線を防ぐ効果があります。

 従来製品にあった「アクアブースター技術」が進化し、「アクアブースターEX技術」が採用されています。水に触れると不均一になりがちなUVブロック膜が、水に触れることで均一になります。これに「耐こすれ機能」がプラスされ、指すべりが良くなりUVブロック膜が取れにくくなりました。また、紫外線による乾燥ダメージを防ぐ緑茶エキスも採用されています。

 内容量は60g、価格は1500円前後です。

このニュースに関するつぶやき

  • ジェルタイプは使用感最高なんだけど日焼け防止効果が怪しい…ので浴びるように塗ってる。ウォータープルーフかつ石鹸でオフできるタイプのは石鹸だけじゃキシキシ感が残っちゃう。洗い方が悪いんかなー
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定