「小室さんとの結婚」もはや天皇命令!? 皇族の“婚約破棄”と“再婚”にみる、眞子さまの「正しさ」とは

15

2021年05月15日 20:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

皇室が特別な存在であることを日本中が改めて再認識する機会となった、平成から令和への改元。「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます!

▼前回▼

――大正時代に起きていた皇族の結婚トラブルについて、前回に続いて聞かせてください。現代の眞子さまが、「結婚したい!」というご意志をお持ちなのとは逆で、大正時代の久邇宮朝融王(くにのみや・あさあきら・おう)は「婚約はしたけど、結婚したくない!」と“ワガママ”を言いだしたと聞きました。

堀江宏樹氏(以下、堀江) しかし、朝融王のフィアンセである酒井菊子さん(の実家)は、婚約解消には断固反対。菊子さんには、朝融王への特別な思いがあったという形跡もあり、菊子さんの父である酒井伯爵は「愛娘をキズモノにするおつもりか!」と久邇宮家に猛然と反抗しつづけたのでした。

 それでも久邇宮家側は、「皇族である自分たちが、天皇陛下から勅許をいただいた婚約を自分の手で解消することなどできない! 酒井家から辞退しなさい!」というばかり。

――両家の関係がこじれているように見えますが、宮内庁はどう立ち回ったんでしょうか?

堀江 久邇宮朝融王に対し、「結婚問題で皇族がこれほどモメたのは、皇室の権威を損ねること。かくなる上は、臣籍降下して責任をお取りなさい」という提案が宮内府(当時の宮内庁)からなされました。しかし、久邇宮家はそれにも猛反発。

 ちなみに、これらのやりとりはすべて秘密裏に行っていたのですが、きな臭いニオイを嗅ぎつけた記者たちの手で、複数の新聞がこの問題をスクープ。収集が完全につかなくなりました。裕仁親王(後の昭和天皇)によって結婚の勅許が与えられてから、約2年後の1924年(大正13年)9月のことです。

――現代の眞子さまのケースでも、小室さんと結婚するなら臣籍降下してから……という声が以前からありましたよね。皇女として眞子さまが、小室さんと結婚するなら、1億円以上にのぼる「一時金」が発生することが問題視されているようですが。

堀江 問題を起こした皇族が、皇室に責任を取る方法のひとつが臣籍降下、つまり平民に身を落とすことなんですね。これは武士における切腹に相当する行為です。

 ですから、眞子様に臣籍降下などと世論が言い出すのは、切腹勧告しているようなものでまったく感心できません。

――皇族の方は結婚問題で一度、炎上し始めると、鎮火しにくいのでしょうか。

堀江 そうですねぇ。家と家だけの問題を通り越して、国民から“監視”されてしまうことになるので……。ですから、皇族の結婚はトラブルが起きた後の処理が、本当に難しいんですよね。

しかし、朝融王の婚約拒否問題では、事態は思わぬ展開をみせました。お話したとおり、菊子さんに、新しく良い結婚相手が見つかったのです。

――でも、正式に破談していない状態ですよね?

堀江 そうなんです。たしかに、婚約破棄していない状態での新しいお相手探しは困難を極めましたが、ハンサムな資産家でお家柄も高い前田利為(まえだ・としなり)侯爵に白羽の矢が立ち、見通しが立ったのです。

 ただし、前田利為侯爵は先妻を病気で亡くしており、先妻との間に子どももいました。要するに菊子さんは後妻になるしかなかったのですが、それでも……ということで、両者は結婚することになります。

 こうして1924年(大正13年)11月、酒井家からの辞退を申し出ることによって、ようやく朝融王との婚約は解消されました。

「小室さんとの結婚」を言い続けるのは正しいこと

――勅許が与えられた直後に婚約破棄の声が宮家から上がって、ほとんど5年ですか。ちなみに眞子さまと小室さんも裁可から来年で5年目くらいになりますが……。

堀江 これまでお話してきたように、先例に従うと、皇族にとって天皇による結婚の裁可は、結婚の命令にほかならず、皇族側からはそれを拒絶することは難しい。

 だから眞子さまが、「小室さんと結婚する」と言い続けるのは皇族としては「正しい」態度ということになります。一方で、秋篠宮家および皇室に対して、大ダメージを与え続けていることにもなっている気がしますが。小室さんが結婚を辞退すれば、破談の可能性はまだありうるのでしょうが、やはり天皇の裁可を頂いた婚約を、リセットすることは非常に難しいでしょうね。

――ちなみに、前田家に嫁いだ菊子さんはどうなったのでしょうか?

堀江 お子様にも恵まれ、とても幸せな結婚生活だったようです。しかし、1942年(昭和17年)、軍人であった前田侯爵が戦死なさいます。そして戦後、しばらくして、あれだけ婚約解消問題でモメにモメた久邇宮朝融王から、「私と再婚しないか?」というお話が菊子さんのところに来たというのですね。

――えええ! それはどういう風の吹き回しですか!?

堀江 正確には久邇宮朝融王は1947年(昭和22年)、「皇籍離脱」によって民間人となっているので久邇朝融というお名前になっているわけですが。

 朝融王は伏見宮家から知子女王という方を妃に迎えていましたが、皇籍離脱の少し前に先立たれてしまっていました。そこでの再プロポーズの話です。ここで菊子さんが愛娘・美意子さんに語り聞かせていたという、恋仲だった二人を、「唐獅子」と呼ばれた侍女が引き裂いた! という“逸話”に、妙な信憑性が高まってくるのですよね〜。

 夫・前田侯爵とのロマンスならともかく、婚約解消した相手である朝融王との恋の逸話を、前田侯爵との間に授かった娘に聞かせてるわけですから……。

―――たしかに“何か”があったのかもしれませんねぇ。

堀江 朝融さんの嫡男である邦昭さんは、この逸話を完全スルー、つまり否定していないのです。まぁ、否定する価値もない話として取り上げなかっただけかもしれませんが。

 皇族の結婚問題、特にトラブルが起きた場合、そこには世間を騒がせるだけの要素がたくさん秘められているものなのです。

 しかし、大正時代の久邇宮家に対し、現代の秋篠宮家の眞子さまは皇室との距離が非常に近いのです。今回のような結婚トラブルとなると、皇室に与えるダメージの大きさは計り知れないものがあります。ここは1日も早く、問題解決されることを望むばかりですね……。

このニュースに関するつぶやき

  • ‥陛下の御裁可はまだ降りてはいないでしょう?‥破談はできますよ‥変な記事‥
    • イイネ!11
    • コメント 0件
  • 眞子様の場合、まだ正式な婚約も調っていないわけだが?それでも正しいとか言ってる方がおかしいのよ。
    • イイネ!30
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

前日のランキングへ

ニュース設定