TBS 7月期金曜ドラマ『#家族募集します』に決定、重岡大毅がシングルファーザー役

0

2021年05月16日 05:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

TBSでは、7月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で、オリジナルストーリーの『#家族募集します』を放送することが決定した。


主演に重岡大毅ジャニーズWEST)、ヒロインに木村文乃、共演には仲野太賀岸井ゆきのという豪華実力派俳優陣を迎えて送る本作。それぞれに悩みや秘密を抱えるシングルファーザー&マザーたちが、ひとつ屋根の下で子育てをしながら共に過ごし“家族”になっていく姿を描く、新時代のホームドラマが誕生する。


主人公の赤城俊平(重岡大毅)は、ある事情で3か月前にシングルファーザーになったばかり。5歳のひとり息子の子育てに苦戦する中、偶然再会した幼馴染の小山内蒼介(仲野太賀)がお節介な思いつきでSNSに投稿した「#家族募集します」という突飛な募集に巻き込まれてしまう。蒼介は自身が働く古びたお好み焼き屋「にじや」を立て直すため、「にじや」の2階の空き物件で共同生活をして家賃収入を得ようと考えていたのだ。そんな募集に誰も乗るわけがないと呆れる俊平だったが、「#家族募集します」のSNS投稿をきっかけに、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザー・桃田礼(木村文乃)と、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライター・横瀬めいく(岸井ゆきの)と出会い、大人4人+子ども3人でひとつ屋根の下で暮らすことに。


性格も価値観もバラバラな7人がどのようにして“家族”になっていくのか。一風変わった同居生活を通して、新しい“家族のカタチ”をお届けする。


脚本は、ドラマ『山田太郎ものがたり』(2007年)、『カンナさーん!』(2017年)などを手掛けたマギー。オリジナル脚本で、“家族とは何か”“家族といる時間の大切さ”をハートフルに描く。


重岡は、今作がGP帯の連続ドラマ初主演。ジャニーズWESTとして活躍する一方で、『ごめんね青春!』(2014年)をはじめ、さまざまなドラマや映画に出演。さわやかな好青年から“クズ”なキャラクターまで見事に体現する演技力が高く評価され、2019年には第17回コンフィデンスアワード・ドラマ賞で新人賞を受賞するなど、今後の活躍が期待される俳優として注目されている。


そんな重岡が、今作では初の父親役に挑戦。演じる赤城俊平(あかぎ・しゅんぺい)はある事情でシングルになったばかりで、小さな絵本出版社に勤務しながら、笑顔を絶やさず明るく子育てをすることに努めている。しかし一人での子育ては思うようにいかないことばかり。それでも正義感の強さと子どもへの愛情の深さゆえに、辛さや心細さを一人で飲み込んでしまうという繊細な役どころだ。高い演技力を持つ重岡が、初主演ドラマで、共同生活と子育てを通じ自らも成長していくシングルファーザー役で新境地を開拓する。


本作のヒロインで、俊平たちと共に暮らすことになるシングルマザー・桃田礼(ももた・れい)を演じるのは木村文乃。


シリアスからコメディ、時代劇まで多彩な役柄を演じ、途切れることなく話題作への出演が続く木村。『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』(2015年)をはじめ数々の作品で主演も務めるなど、ドラマや映画で幅広い活躍を見せている。そんな木村のTBSドラマ出演は『99.9-刑事専門弁護士- SEASON供戞複横娃隠固)以来、約3年ぶり。本作ではヒロインとして、子育て経験者なら誰もが共感する悩みや葛藤に直面する等身大のシングルマザーを演じる。性格も価値観も違う人々と共に暮らす中で、徐々に変容していく姿をどのように体現するのか、期待が高まる。


そして、物語のはじまりとも言える「#家族募集します」という突飛な募集をSNSに投稿し、周囲を巻き込んでいく小山内蒼介(おさない・そうすけ)を演じるのは仲野太賀。


どんな作品の世界観にもすっと溶け込み、観る者の琴線に触れる類稀なる演技力で、数々のドラマや映画で唯一無二の存在感を放つ仲野。「すばらしき世界」「あの頃。」(共に2021年)など、昨年から今年にかけて9本もの映画に出演し、待機作も多数控える今最も旬な俳優の一人である。昨年10月期の火曜ドラマ『この恋あたためますか』では、主人公を一途に想うパティシエを好演し、大きな反響を呼んだ。今作では物語を大きく動かしていくことになる、お節介だが憎めない兄貴肌の蒼介を、仲野がどのように演じるのか、注目していただきたい。


「#家族募集します」というSNS投稿を見て、6歳の息子と共に俊平たちのもとに転がり込んでくるシングルマザー・横瀬めいく(よこせ・めいく)役は岸井ゆきの。


岸井は第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、その演技力が高く評価されている。そんな彼女が、本作では破天荒ながら母親としての本音を率直に代弁する役どころを熱演。シンガーソングライター役としての自身初となる歌唱シーンもみどころだ。


性格も価値観もバラバラな男女4人+子ども3人が繰り広げる、一風変わった同居生活。血は繋がっていなくても、ひとつ屋根の下で「ただいま」と「おかえり」を繰り返し、“家族”としての絆を深めていく彼ら。


一緒に泣き、笑い、時にぶつかり合いながら、本当の家族のように助け合って暮らす彼らの姿を通して、“こんな家族がどこかにいてもいいんじゃないか”と思えるような、心温まるホームドラマをこの夏お届けする。


重岡×木村×仲野×岸井という豪華実力派俳優たちの競演に期待したい。



■コメント

<主演・重岡大毅>

主演をやらせていただくことになり、とても光栄に思っています。ジャニーズWESTのメンバーも応援してくれているので、「やったるでー!」という気持ちで頑張ります。

父親役は、やってみたかったのでとてもうれしいです。僕自身も子どもが好きですし、撮影の合間もたくさんコミュニケーションを取って、早く距離を縮めていきたいと思っています。

初共演の木村さん、太賀くん、岸井さん、そして子どもたちも含めた7人での“同居生活”が、どんな雰囲気になるのか。その空気を肌で感じるのを、今から楽しみにしています。

このドラマは、助け合って生きていこうとする登場人物たちを応援したくなる、温かい作品だと思っています。見てくださる方にもそう思っていただけるような、心温まるホームドラマをお届けします。

ぜひ、お楽しみにお待ちください。


<木村文乃>

(脚本の)マギーさんが紡ぎだすお話がとても好きなので、いつか作品に出演させていただきたいと思っていました。まさかこんなに早くその願いが叶うとは思っていなかったので、とてもうれしく思っています。

重岡さん、太賀さん、岸井さん、そして子どもたちと、楽しく温かい現場にしていきたいと思います。

個人的には、私が演じる礼と岸井さん演じるめいくの「常識」対「非常識」のバトルがすごく楽しみです。

そんな正反対の2人が少しずつ歩み寄っていったり、ひとつ屋根の下で構築されていく4人の関係に今から

わくわくしています。

今の大変な状況において、疲れている方もたくさんいらっしゃると思います。毎週皆さんに温かい“おかえり”と“ただいま”を届けられるよう、素敵な作品にしていければと思っていますので応援よろしくお願いします。


<仲野太賀>

今回「#家族募集します」に出演が決まって、とてもうれしく思っています。

時代が進み、世の中の様相が変わってしまったように、僕たち個人の生活にも体温を感じる事が減ってしまったように思います。その中で登場人物が抱える苦悩や、この物語のもつ温もりや優しさに共感と憧れを抱きました。僕が演じる役は、ひょんな事からシェアハウスを始める男です。なんの計画性もなく、勢いと優しさだけが取り柄のような男です。しかし、そんな無邪気さが今とても輝いて見えて、是非演じたいと思いました。

ひとつ屋根の下で同じような悩みを抱え、全然違うカタチをしている家族が助け合うこのドラマで、すぐそばに誰かがいる希望を感じていただければと思います! よろしくお願いします!


<岸井ゆきの>

ドラマ内で歌唱するのは初めてです。今回脚本を担当されるマギーさんに、歌もギターも出来るよね! と言われてからずっと開いた口が塞がらないまま、ギターコードを練習しているところです。

母親役の経験もまだ少なく、挑戦ばかりの役柄ですがすてきな共演者の方々、スタッフの方々と話し合いながら、時に甘えながら、破天荒で率直な横瀬めいくを演じたいと思います。

偶然に集まった3組の親子が、“ただいま”と“おかえり”を繰り返すことで、自分の居場所を見つけ、安心して“行ってきます”が言えるような家族を、視聴者の皆さまとも一緒に育めたらうれしいです。


<プロデューサー・佐久間晃嗣>

この物語は、シングルマザーで小学校の教師をしている知人の話から着想を得た、一風変わった“ホームドラマ”です。制作にあたり、シングルファーザー・シングルマザーの方々に取材させていただきましたが、その中で感じた「一人じゃないんだ」と実感することの大切さを、こんな今だからこそ、このドラマを通じてお届けできたらと思っています。

主人公の赤城俊平は、いつも笑顔で最愛の息子を育てているシングルファーザー。そんな俊平を演じるのは重岡大毅さん。ジャニーズWESTのセンターとしてのキラースマイル、『パパジャニWEST』で子どもたちに見せる少年のような笑顔、俳優としての自然体の笑顔。どの笑顔も繊細な感性に溢れていて、主人公・俊平役にぴったりだと感じ、オファーいたしました。笑顔の裏にある寂しさや戸惑いさえも、繊細に演じていただけるのではないかと思っています。

ヒロイン・桃田礼は、小学校の教師をしているシングルマザー。脚本のマギーさんと共に礼のキャラクターを作っていく中で、初期段階から木村文乃さんを想定して制作を進めていたので、オファーを受けていただけた際は狂喜乱舞しました。木村さんの一本筋の通った芯の強さと、そこに宿る優しさが印象的で、ヒロイン・礼を魅力的に演じてくださるのではないかと感じています。

小山内蒼介は、お節介から「SNSでの“家族募集”」という突飛な提案をする、この物語のテーマを象徴するようなキャラクターです。そんな蒼介役は、どんな役柄にもまるでそこに実在するかのような説得力を宿してくださる仲野太賀さん以外考えられないと、オファーいたしました。「仲野太賀さんが演じる蒼介に早く会いたい!」と、今から撮影が楽しみでなりません。

横瀬めいくは夢を追い続けている奔放なシングルマザー。岸井ゆきのさんは、どこかアーティスト性が漂うお顔立ちと、どの役柄でも不思議と感じられる少女のような天真爛漫さが、めいく役にぴったりだと思い、オファーいたしました。岸井さんの新たな一面が見られるのではないかと今からワクワクしています。

金曜日の夜に、俊平たちと共に笑って、ちょっぴりホロっとする。誰かに「ただいま」と「おかえり」を言いたくなるような、心温まるホームドラマをお届けしたいと思います。


<プロデューサー・岩崎愛奈>

マギーさんの描く人間味溢れる温かくて魅力的な台本を読んでいると、自然と4人の登場人物と一緒に笑ったり悩んだり、頷いたりしている自分がいました。そんな物語をまるでその場で一緒に時間を共有しているかのような感覚をもたらしてくださる、お芝居に絶対的な信頼ができる俳優さんに演じていただきたいと思っていました。その思いが叶って、重岡大毅さん、木村文乃さん、仲野太賀さん、岸井ゆきのさんという、素晴らしい俳優さん達に演じていただけることになりました。うれしくてたまりません! そしてワクワクが止まりません!

価値観もそれぞれな他人同士が「家族になる」というのはそう簡単ではないこと。さらに、「子育て」という正解のない難問にも向き合わなければなりません。それでも、この素晴らしく頼もしい4人の俳優さんが演じてくださる4人の登場人物たちと一緒なら、そんな悩みも、どんな問題も、答えやヒントを導き出せる気がします。一緒に暮らすような気持ちで、一緒に笑って泣いて考えて、彼らの暮らしと変化を見届けていただけたらと思います。



■番組概要

[番組名]金曜ドラマ『#家族募集します』

[放送日時]7月スタート 毎週金曜よる10:00〜10:54


ⒸTBS

    ニュース設定