ヤクルト・小川が復活の99球完封勝利 真中氏「やればできるんですよ!」

4

2021年05月16日 08:22  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ヤクルト・小川泰弘
ヤクルト・小川泰弘
◆ 99球で無四球完封

 ヤクルトは先発の小川泰弘が9回3安打無失点の今季初完封で3勝目(1敗)を挙げた。

 ヤクルトは初回、3番・山田が左中間突破の適時二塁打を放ち先制。6回は7番・サンタナの左前適時打で2点目を奪い、7回は山田、村上、オスナ、青木の4連打などで一気に3点を加えた。

 先発の小川は立ち上がりから安定した投球。7回は一死二塁のピンチを背負ったが、4番・ビシエドを二ゴロ、続く高橋周を三邪飛に退けゼロを刻んだ。8回以降は再び危なげない投球で9回99球、3安打無失点、6奪三振無四球の快投。最後までゼロを並べ続け今季3勝目を完封で飾った。

 15日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた真中満さん「やればできるんですよ小川は!」とかつての教え子を激励。「前回登板(2日のDeNA戦)で序盤に味方に援護をもらってそれをひっくり返された。(2回6失点)それで2軍に落ちて本人も非常に悔しい思いをしていたと思うんですよ。今日の登板は(試合に)懸ける思いがいつもより増しているように見えた」と振り返り、「力を抜いて自分の投球ができていた。小川はこれを続けなければいけない」とエールを贈った。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

このニュースに関するつぶやき

  • いや、中日打線やからやろ(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • いやいや、中日戦は前回(3失点勝ち投手)も前々回(1失点勝敗つかず)も抑えていたから。中日と巨人以外は、まだ安心できないと思いますよ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定