1型糖尿病患者ら一部勝訴=障害年金の再不支給―大阪地裁

23

2021年05月17日 19:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真1型糖尿病患者に対する障害年金支給をめぐる訴訟の判決で、「一部勝訴」などと書いた紙を掲げる原告側の弁護士=17日午後、大阪市北区
1型糖尿病患者に対する障害年金支給をめぐる訴訟の判決で、「一部勝訴」などと書いた紙を掲げる原告側の弁護士=17日午後、大阪市北区
 障害基礎年金の支給打ち切りを裁判所が違法と判断したのに、再度不支給にしたのは不当だとして、大阪、奈良、福島3府県の1型糖尿病患者9人が国に処分取り消しを求めた訴訟の判決が17日、大阪地裁であった。森鍵一裁判長は9人のうち1人の不支給を違法とし、残り8人については請求を棄却した。

 森鍵裁判長は、労働で収入を得られない程度の症状があるか否かを基準に判断。「長期の安静が必要で、通常の日常生活が極めて困難」と認められる1人への不支給処分を取り消したが、残る8人については「日常生活に著しい制限はなかった」などと結論付けた。

 判決などによると、9人は障害者等級2級と認定されて年金を受給していたが、国は2016年までに等級を「3級」に改め、支給を打ち切った。19年の大阪地裁判決は「国は(等級を改めた)理由を明らかにしていない」と打ち切りを違法としたが、国は「3級の程度にとどまり、2級の程度には至っていない」などとする理由を示し、改めて不支給とした。

 弁護団は「判決は実態を全く考慮していない」と批判。唯一請求が認められた府内の女性は「うれしいよりも悔しい」と涙交じりに話した。 

1型糖尿病患者への障害基礎年金支給をめぐる訴訟の判決後、記者会見で涙ぐむ原告(手前)=17日午後、大阪市北区
1型糖尿病患者への障害基礎年金支給をめぐる訴訟の判決後、記者会見で涙ぐむ原告(手前)=17日午後、大阪市北区

このニュースに関するつぶやき

  • 長い治療生活ですから障害者年金を貰わないと治療を続けられない方もおられると思います。うちの母も糖尿性網膜症、人工透析にペースメーカーの埋め込み、大腿骨骨頭の骨折など必要に応じて出てました。
    • イイネ!4
    • コメント 2件
  • 『再び国を断罪』って・・・ちょっと攻撃的すぎて怖いね。自分たちが絶対正義と妄信しているような連中とそっくりだよ。
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

ニュース設定