イタリア老舗シューズブランド「プレミアータ」銀座店が6月末に閉店、約3年間営業

2

2021年05月17日 19:21  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    公式サイトより
公式サイトより
 イタリアの老舗シューズブランド「プレミアータ(PREMIATA)」が、銀座店の営業を6月30日に終了する。銀座店はプレミアータの日本初の路面店として2018年5月にオープン。銀座3丁目の銀座モリタビル1階に店舗を構え、約3年間営業してきた。

 プレミアータは、1885年にイタリアのマルケ州モンテグラナーロで創業。ドレスシューズをはじめ、アッパーにカタカナの「ホ」のようなロゴを配したスニーカーなど、モード性や遊び心を取り入れたシューズを手掛けている。日本へは1990年に進出。2017年からはウニエ貿易と日本総代理店契約を結んでいる。
 閉店について広報担当者は、新型コロナウイルスの感染拡大によるインバウンドと国内需要の低下などを理由としており、入居する建物との賃貸借契約満了を機に営業終了を決めたという。なお、ウエニ貿易との契約は継続し、今後はEC販売を強化する方針。銀座店に代わる新店舗の出店も検討しているという。

■PREMIATA GINZA閉店日:2021年6月30日(水)住所:東京都中央区銀座3-3-6 銀座モリタビル1階営業時間:11:00-19:00問い合わせ:03-3563-2272 公式サイト
ニュース設定