川口春奈“真柴”、横浜流星“駿”との価値観の違いに不満と不安を募らせる

0

2021年05月18日 06:01  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

川口春奈と横浜流星が共演する火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜22:00〜)の第5話が、5月18日に放送される。

綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深めたりする中で、着飾るという鎧を脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。主人公の真柴くるみを川口、真柴とひとつ屋根の下で暮らすことになるミニマリストの料理人・藤野駿を横浜が演じる。

先週放送された第4話では、真柴と駿がお互いの思いを確認し合ったラストシーンが話題に。インターネット上では「破壊力ハンパない」「抱き締め方もポンポンも、台詞の言い方も最高!」「あんな風にギューしてもらってもいいですか なんて言ってみたい」との声があった。

<第5話あらすじ>
お互いの思いを確認しあった真柴(川口)と駿(横浜)。真柴は他のシェアハウスのメンバーに知られないように、駿をデートに誘うも、駿からの提案はこうじの散歩。恋人らしい特別感が欲しい真柴と、変化を望まない駿……真柴はお互いの価値観の違いに不満と不安を募らせる。

一方、寺井陽人(丸山隆平)は、相談者、舟木千春(黒川智花)からのカウンセリング回数が増えていることを心配していた。そんなある日、陽人のみならず、真柴、駿をも巻き込む騒動が巻き起こる……!

さらには、早乙女香子(夏川結衣)の元旦那・小林礼史(生瀬勝久)が現れ、シェアハウスは大騒動に!?
    ニュース設定