元サッカー日本代表・播戸竜二が俳優デビュー、“賭場”の勝負師に 映画『孤狼の血2』出演

34

2021年05月18日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真元サッカー日本代表・播戸竜二が俳優デビュー。賭場の男がやけに様になっている。映画『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開) (C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会
元サッカー日本代表・播戸竜二が俳優デビュー。賭場の男がやけに様になっている。映画『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開) (C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会
 元サッカー日本代表の播戸竜二が、映画『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)で俳優デビューする。それも、現役選手だったら絶対NG、大スキャンダルになる賭場で真剣勝負する男を演じる。

【動画】『孤狼の血 LEVEL2』WEB限定動画

 播戸は、兵庫県姫路市出身の元プロサッカー選手で、現在ではサッカー解説者として活躍。現役時代のポジションはフォワードで、ガンバ大阪やヴィッセル神戸、セレッソ大阪など複数のチームを渡り歩き、2006年〜08年には日本代表としてもプレー。19年に現役を引退し、翌年3月12日からJリーグの特任理事(非常勤)、同年5月14日から日本サッカー協会(JFA)のアスリート委員、21年2月1日からはWEリーグの理事も務める。現役時代も、現在も、フィールドの最前線で真剣勝負を続けている。

 本作は、暴力団対策法成立前の1988年(昭和63年)の広島を舞台にした前作『孤狼の血』(18年)の続編。広島の裏社会を収めていた伝説の刑事・大上(役所広司)亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一(松坂桃李)を主人公とした、原作シリーズでは描かれていない、完全オリジナルストーリーとなる。

 播戸は「やる時はやるぞという気持ちで挑みました」と語り、俳優デビューに気合十分。時代を感じさせる衣裳に身を包み、尾谷組が取り仕切る賭場で、眼光鋭い勝負師になりきった。

 白石和彌監督から直々に演技指導を受け、「監督には、貧乏ゆすりをしたり、『次、勝たなきゃ!』みたいな気持ちをもっと出して、といったことや、周りの客を気にしてうかがうような仕草をして、といったことを言っていただき、前日のリハーサルも含め役作りに活かすことができました」。

 撮影現場の印象は「やはり相当な緊張感があり、サッカーで言うと“絶対に負けられない試合”みたいな空気がお芝居のやり取りの一瞬一瞬にありました」と振り返り、「“目の前のことに集中する”というのはサッカーでもお芝居でも同じで、賭博でも何でも、やる時はやるぞという気持ちで挑みました」と、話している。

 スチール写真ではかなり様になっている播戸は、スクリーンでどんなパフォーマンスを見せるのか? 本作の楽しみがまた一つ増えた。

このニュースに関するつぶやき

  • 大宮アルディージャ時代知り合いの店のお客様だったらしい(今は通販客)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • サッカーで、「日本代表入り」をして、「日本を代表するサッカー選手」となったように、遅いスタートとはなりましたが、俳優業でも「日本を代表する俳優」を目指して頑張って欲しいものです。
    • イイネ!74
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(23件)

ニュース設定