ドラマ「コントが始まる」最悪の状況で“決断”に至ったマクベス 「胸が苦しい」「ツラい回だった」と悲痛な声

1

2021年05月18日 08:13  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真3人が出した結論は……(画像は「コントが始まる」Instagramから)
3人が出した結論は……(画像は「コントが始まる」Instagramから)

 テレビドラマ「コントが始まる」(日本テレビ系)第5話が5月15日に放送。解散か継続かの決断を迫られる「マクベス」の元へ大口の仕事を持ってきたマネジャーの楠木(中村倫也さん)ですが、それが「マクベス」の存続に大きな影響を与えることに……。ネット上では「リアルすぎて手に汗握る」「ドラマ見てこんな感情になるの初めて」と白熱する役者陣の演技に感情移入する声が多く上がりました。



【その他の画像】



 ※以下、ネタバレあり



 春斗のスマートフォンに、マネジャーの楠木からマクベスに仕事の依頼が入ったと連絡が来ます。話を聞きに事務所に向かうと、依頼主は潤平の恋人・奈津美の元カレで、今は会社経営をしている同級生の小林(浅香航大さん)。依頼内容は自社製品のPRイベントの司会をしてほしいというものでした。



 その後、春斗は直接小林に話を聞きに行きますが、依頼のいきさつなど話すこと全てがマクベスを見下しているように聞こえてしまい立腹。その場で仕事の依頼を断ってしまいます。独断で断ったことを聞いた潤平は春斗との口論に発展。そして「もう無理だわ」とこぼし、ついにマクベスは“解散”を決断することになります。



 いよいよマクベスが“解散”を決断した第5話。「夢を追っている」ことを誇りに思い、周囲の人間をどこか見下しているような春斗、勤務している雀荘で客にばかにされたことによってそれまで張り詰めていた糸が切れてしまった潤平、軽蔑していたけんかばかりの先輩芸人のようになってしまったマクベスに絶望する瞬太。それぞれの思いが衝突し合う3人がファミレスで口論するシーンには「空気がリアルすぎた」「臨場感ありすぎて怖かった」「リアルすぎてこっちまでピリピリした」と演技力を絶賛する声が多く上がりました。



【クイズDEドラマ】



4月期のドラマから毎話クイズを出題。問題は初級から上級まで全部で3問あるので、放送を思い出しながらチャレンジしてみてください。



●問題:里穂子が高校生のときに所属していた部活は?



A:茶道部



B:華道部



C:帰宅部



























●答え B:華道部



3年生で部長になったときは全国3位の実力。目標は1位だったのでとても悔しい思いをしたようです。里穂子の真面目な気質が出ていますね。


このニュースに関するつぶやき

  • 本日のねとらぼの反☆響&○○すぎるノルマ達成記事はこちらです。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定