FacebookのVR/AR幹部ヒューゴ・バーラ氏、退社してヘルスケア業界へ

0

2021年05月18日 10:42  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 「Oculus Quest」発表イベントでのヒューゴ・バーラ氏
「Oculus Quest」発表イベントでのヒューゴ・バーラ氏

 米Facebookに2017年にVR/AR担当責任者として入社したヒューゴ・バーラ氏は5月17日(現地時間)、同社を退社し、「私にとって全く未知の世界であるヘルスケアテクノロジー業界に飛び込む」とFacebookで発表した。



【その他の画像】



 同氏はFacebookで「Oculus Go」「Oculus Quest」「Oculus Rift S」の発表を手掛け、2019年からはボズことアンドリュー・ボスワース氏と「スマートグラス」の開発に取り組んでいた。



 Facebookは年内にAR機能抜きのスマートグラスの第一弾を立ち上げるとしている。6月の「F8 Refresh」で何らかの発表があるだろう。



 バーラ氏は「過去1年、世界がこのパンデミックを乗り越えている中で、多くのことを考えてきた。社会は、健康管理に必要なツールをまだ十分に備えていないと思う。そこで、20年以上テクノロジーに携わった後、(私にとっては)未知の世界に飛び込み、ヘルスケアテクノロジーの分野を探求することにした。消費者向けテクノロジー業界での経験から学んだことを、ヘルスケアの世界で役立てたいと思っている」と語った。



 同氏は米Googleでモバイル関連の幹部を歴任した後、2013年に中国Xiaomi入りし、2017年にFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOに引き抜かれた。



 ザッカーバーグ氏はバーラ氏の投稿へのコメントで「次世代コンピューティングプラットフォーム構築のためにあなたが成し遂げたことすべてに感謝する。共に働くことで多くを学んだ。あなたの次のチャレンジを楽しみにしている」とねぎらった。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定