【映画ランキング】『美しき誘惑』が初登場首位! 『名探偵コナン』のV5を阻止

0

2021年05月18日 13:51  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真5月15日〜5月16日の全国映画動員ランキング1位:『美しき誘惑−現代の「画皮」−』 (C)2021 IRH Press
5月15日〜5月16日の全国映画動員ランキング1位:『美しき誘惑−現代の「画皮」−』 (C)2021 IRH Press
 5月15〜16日の全国映画動員ランキングが興業通信社より発表され、宗教家の大川隆法が製作総指揮・原作を務めた映画『美しき誘惑−現代の「画皮」−』が、初週土日動員11万3000人、興収1億4000万円をあげ初登場1位を獲得した。

【写真】写真で見る「5月15日〜5月16日全国映画動員ランキング」

 公開から4週連続で首位をキープしていた『名探偵コナン 緋色の弾丸』は、週末土日動員9万3000人、興収1億3500万円をあげ2位に後退。累計では、動員443万人、興収62億円を突破した。

 3位は、公開4週目の『るろうに剣心 最終章 The Final』が、週末土日動員9万2700人、興収1億3700万円をあげランクイン。累計では動員188万人、興収26億円を突破。4位は公開10週目を迎えた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が入った。

 5位は、全世界で5900万ダウンロードを突破した人気ゲーム「Fate/Grand Order」初の劇場版アニメーションの後編『劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 後編 Paladin;Agateram』が初登場。公開31週目を迎えた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は6位。累計動員2893万人、興収399.7億円を突破し、いよいよ興収400億円に王手をかけた。

 その他、先月発表された第93回アカデミー賞で、アンソニー・ホプキンスが主演男優賞を受賞した『ファーザー』が8位に、松居大悟監督のオリジナル舞台を自身で映画化した『くれなずめ』が9位にそれぞれ初登場でランクインしている。

 5月15日〜5月16日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『美しき誘惑−現代の「画皮」−』
第2位:『名探偵コナン 緋色の弾丸』
第3位:『るろうに剣心 最終章 The Final』
第4位:『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
第5位:『劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 後編 Paladin;Agateram』
第6位:『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
第7位:『ジェントルメン』
第8位:『ファーザー』
第9位:『くれなずめ』
第10位:『ノマドランド』
    ニュース設定