バターも砂糖も使わないケーキ「ベイクド・オーツ」 / オートミールと材料をミキサー で混ぜて焼くだけです

0

2021年05月18日 15:01  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

TikTokを皮切りに、インスタグラムでも大人気の「ベイクド・オーツ」。オートミールをベースに、メープルシロップやバナナで甘みをつけた、優しい甘さのしっとりケーキです。

海外では主に朝食としてよく食べられている「オートミール」は、日本でもヘルシーな穀物としてじわじわと人気がでてきていますよね!

今回ご紹介するベイクド・オーツは、忙しい朝でもサクッと作れることから“朝食向けのケーキ”なんですって。

朝からケーキが食べられる幸せ、私も試してみた〜いッ!!

というわけで、フードブログ「feel good foodie」を運営するフードブロガー・Yumnaさんの動画を参考に、作ってみることにしました☆

【用意するもの】

オートミール、卵、牛乳、メープルシロップ、ベーキングパウダー、塩、クッキングスプレーまたはサラダ油(型用)。

卵と牛乳の代わりにバナナで作れば、ヴィーガン(動物性タンパク質不使用)ケーキにもなりますよっ!

【材料をミキサーにかけるだけ☆】

全ての材料をミキサー(またはフードプロセッサー)に入れ、なめらかになるまで撹拌する。

サラダ油を薄く塗った型に流し入れる。

170〜180℃のオーブンで20〜25分ほど焼けばできあがり。

なんてカンタンなの〜!

【レンチンでも作れます♪】

通常はオーブンで焼き上げるベイクド・オーツ。動画では、レンジで調理する“レンチンバージョン”も紹介していたので、先ほどご紹介したレシピにココアを追加して、試してみることにしました。

レンジで作る際は、撹拌した材料を型に入れたら1分30秒ほど加熱。中まで火が通っていなければ“30秒ずつ加熱しながら様子を見るとよい”そうです。

小さい型を使ったこともあり、我が家のレンジでは、600Wで1分20秒ほど加熱してちょうどよい感じでした。レンチンで作るケーキは硬くなりやすいので、できあがったらすぐにいただくのがベストです。

【ホットケーキみたいな味!】

お味はというと……メープルシロップを少量しか使っていないのに、甘さをしっかり感じます。

バターなど油脂分が入らないので、通常のケーキのようなふわっと感はありませんが、ホットケーキと蒸しパンを足して割ったような食感。オートミールは腹持ちもいいし、優しい甘さなので、確かに朝食向きかも!

一緒に試食した娘(2歳)はココア味のレンチンバージョンを完食。小さなお子さんのおやつにもぴったりだと思いましたよ☆

【ヘルシーではあるけれど…】

バターや砂糖を使わないから脂質や糖質は控えめ、だけどタンパク質はしっかり摂れるところが人気のベイクド・オーツ。フルーツを入れたり、チョコを加えたりと、いろんな楽しみ方ができるのも魅力です。

SNS上では、味や見た目をさらに良くするために、さまざまなトッピングを盛り込んだレシピもたくさん。どれも、とってもおいしそうなのですが、糖分や油分を盛り込めば、当然ながらカロリーも増えるのでお気をつけください〜!

ダイエット中の方やカロリーが気になる方は、プレーンのまま、あるいは粉砂糖やフルーツ、無糖ココアパウダーなどトッピングもヘルシーなものをおすすめします♪

分量や作り方などの詳細は、英語になりますが、Yumnaさんの動画でご確認ください。

参照元:YouTube
撮影・執筆:sweetsholic
Photo:(c)Pouch

この記事の動画を見る

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定