福岡・海の中道海浜公園に宿泊施設や飲食・アスレチック整備、2022年オープン

6

2021年05月18日 16:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真全体イメージ/画像提供:三菱地所
全体イメージ/画像提供:三菱地所
【女子旅プレス=2021/05/18】福岡県・海の中道海浜公園に、宿泊・飲食・温浴施設・アスレチック等の機能を備えた滞在型レクリエーション拠点が誕生。2022年3月のグランドオープンを予定している。

【写真】「星野リゾート 界 箱根」でおこもり旅!今泊まりたい4つの理由<体験レポ>

福岡県東区に位置し、東西に約6km、面積約350haと広大な面積を有する自然豊かな国営公園である海の中道海浜公園。本事業では、同公園内において「憩う」「学ぶ」「遊ぶ」を体験できる宿泊施設やレストラン、アスレチックなどを整備し、多種多様なコンテンツや空間体験を用意することで、公園そのものが旅の目的地となる「パーク・ツーリズム」をコンセプトに開発が進められる。
海風と緑に囲まれた開放的な宿泊エリアには、最大直径約6m、カモ池のロケーションを活かした球体テントのほか、博多湾を一望できるヴィラ、自然との一体感を味わえるアウトドアリビング、シーサイドキャビンと、利用人数やシーンに合わせて選べる宿泊施設を整備。
また、博多湾をのぞむ眺望を活かした浴場施設や、レストラン・屋外BBQスペース、全ての公園利用者が気軽に利用できる休憩施設や屋内遊戯施設なども整備し、宿泊とデイユースの両方の利用者らが快適に公園を利用できるような設備を充実させる。

◆非日常を体感する多様なアクティビティ

さらに敷地内において、博多湾やカモ池の穏やかな水面、玄界灘の荒々しい海を臨む海浜部、広大な広場とその奥に広がる松林など、公園内各所の特徴や魅力を生かしたアクティビティを提供。
目玉として新設されるのが3層構造、高さ約17mと九州最大級の規模のアスレチックタワー。博多湾を一望できる立地を生かしつつ、子どもから大人まで楽しめる要素が盛り込まれる。
この他にも“海の中道”を堪能するホーストレッキングや、SUP、カヤック、ヨガ、ノルディックウォークなどの屋外フィットネスプログラム、そして公園と志賀島をつなぐサイクリングや収穫体験、フィッシングなど、海の中道エリアの豊かな自然を遊び尽くせるアクティビティを提供する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■【海の中道海浜公園】
所在地:福岡県福岡市東区西戸崎18-25
アクセ ス:JR 九州香椎線「海ノ中道」駅(公園内徒歩15分)

情報:三菱地所

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • 弘安の役では、海の中道で 東路軍の司令官で東征都元帥の洪茶丘は馬を捨てて敗走、日本軍の追撃を受け危うく討ち死にする寸前まで追い込まれた
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定