吉川愛、相手役・ラウールは“息子”のよう「ずっとそのままでいてね」

1

2021年05月18日 19:18  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『ハニーレモンソーダ』ハニレモしゅわきゅんサマー開幕式に登壇した(左から)吉川愛、ラウール (C)ORICON NewS inc.
映画『ハニーレモンソーダ』ハニレモしゅわきゅんサマー開幕式に登壇した(左から)吉川愛、ラウール (C)ORICON NewS inc.
 人気グループ・Snow Manのラウールと女優の吉川愛が18日、都内で行われた映画『ハニーレモンソーダ』ハニレモしゅわきゅんサマー開幕式に登壇した。メインキャストのなかでは最年少となるラウールは撮影現場でも愛されキャラだったようで、ラウールの相手役としてヒロインを演じた吉川は、「最初は2人のシーンが多かったんですけど、徐々にいろんなキャストが集まって、ワイワイしてると高校生らしいラウールさんが出てきて、すごくかわいくて、なんか、息子みたい。かわいいね、みんな、ずっとそのままでいてほしいねって」と目を細めた。

【集合ショット】堀田真由、濱田龍臣ら『ハニレモ』豪華キャスト陣と登場したラウール

 今作は、村田真優氏による漫画雑誌『りぼん』(集英社刊)連載、累計発行部数500万部突破の人気漫画を実写化。ラウールがクールで自由奔放な主人公・三浦界、ヒロインの石森羽花を吉川が演じる。塩対応の界だが、なぜか世話を焼いてくれる彼にどんどん惹かれていく羽花。恋や友情に悩みながらも少しずつ変わっていく界、羽花、大切な仲間たちとの青春模様が描かれる。

 主演を務めたラウールは、完成作を観て「プレッシャーもたくさんありましたが、緊張で恥ずかしくて仕方なかった。客観的に見て心がぷるぷるする感じで潤いました。僕の年でいうと信じられないんですけど、青春とはこういうことだって。あまり(青春が)ないタイプで…映画を観て青春っていいなって素直に思いました」と初々しく感想を明かす。

 そんなラウールを、ほほ笑ましく見守るのは吉川のほか、同級生を演じた堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美と神徳幸治監督。吉川はラウールとの初対面を振り返り、「目が全然合わないから、どうしようかと。仲良くなるシーンはどうやってやっていけばと思ったんですけど、三浦界のスイッチに入ると私のことをまっすぐ見てくれて。一瞬で三浦界に変わるのでプロだなと」と感心した。

 また、“胸キュン”要素も満載の今作だが、ラウールは演じる側として完成作を観て「マスクをしていたので半分くらい目を隠したり隠さなかったり…」とかなり恥ずかしい部分もあったよう。吉川はラウールと試写を観た際について、「ラウールさんが前に座ってらっしゃって、キュンキュンシーンとか登場するシーンとかで必ず、下に消えていって…。それが面白くて」と暴露。ラウールは「観る態度は最悪ですよね。怒られちゃう…」と恥ずかしげで、岡本も「あんな大きい人がいなくなれるんだってくらい、椅子の背もたれより低く沈んでいったので」とかわいらしい一面を披露していた。

 イベントでは、6人のなかで、ハニーレモンソーダ=ツンデレな性格の人を“せーの!”で指名することに。「難しい」と声を揃えて頭を悩ませるなかで、ラウールは「吉川さん」と回答。「吉川さんも初めて会ったときはクールな印象だったんですけど笑い方がキュートだな、『えへへへへ』みたいな『きゃははは』みたい。“ハニー”なところもあるんだ、と覚えています」と褒められ返して、吉川を照れ笑いさせていた。

このニュースに関するつぶやき

  • 出来ればアニメ化してほしいです。主役の二人は花澤さん、小野さんご夫婦が良いです。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定