『恋はDeepに』第6話 “海音”石原さとみ&“倫太郎”綾野剛、ついに愛の告白!

0

2021年05月19日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『恋はDeepに』第6話場面写真 (C)日本テレビ
ドラマ『恋はDeepに』第6話場面写真 (C)日本テレビ
 女優の石原さとみと俳優の綾野剛がダブル主演するドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第6話が今夜放送。第6話では、倫太郎(綾野)が一人きりになった海音(石原)を心配して自宅に招待。そこで海音に自身の気持ちをまっすぐに伝える。

【写真】蓮田家での海音&倫太郎の胸キュンシーン 『恋はDeepに』第6話より

 前回の第5話では、母親の指輪を見つけ泣き崩れた倫太郎を海音が抱きしめ、自分の正体を明かす一方、鴨居(橋本じゅん)は、過去に水質調査のデータを改ざんしたことを海音に告白。そして、海音の経歴をめぐって週刊誌の記者に囲まれた鴨居は記者を転倒させたとして警察に連行されてしまう…というストーリーが展開した。

 第6話では、鴨居が警察に連行され一人になってしまった海音を心配した倫太郎(綾野剛)が、海音を蓮田家に招待する。そこに、ちょうど遥香(泉里香)を連れた榮太郎(渡邊圭祐)も帰宅。倫太郎と遥香の親しげな姿に、海音はほのかに嫉妬する。

 そんな中、蓮田家には藍花(今田美桜)たち研究室の仲間が押しかける。仲間の暖かさに嬉しくなる海音。一方藍花は、榮太郎の隠し事が気になっていた。コソコソと椎木(水澤紳吾)とやりとりする榮太郎は、とある株の売買を進めている様子で…。

 その夜、倫太郎は海音に、母親との約束だった<海中展望タワー>を作って自分を取り戻すためにロンドンから戻って来たと話す。しかし、海音に出会ったことで「予定が狂った」と切なくほほえむと、海音にまっすぐな気持ちをぶつける。

 倫太郎への気持ちに歯止めが効かず、地上での生活に未練を感じ始める海音。一方、蓮田トラストでは、星ヶ浜の開発プロジェクトについて、光太郎(大谷亮平)か倫太郎、ふさわしいリーダーが選ばれることに。そして海音の正体を巡って、研究室はさらなる窮地に立たされる。
 
 第6話の予告映像では、倫太郎が「海音が好きだ」と告白。そして海音も「私も好きです」と伝え、キスシーンも登場。2人の恋は最高潮に!

 ドラマ『恋はDeepに』第6話は、日本テレビ系にて本日5月19日22時放送。
    ニュース設定