洗えるスマホが抗菌性能をプラス ドコモから「arrows Be4 Plus」登場

1

2021年05月19日 11:21  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真arrows Be4 Plus F-41B(レッド)
arrows Be4 Plus F-41B(レッド)

 NTTドコモは5月28日、FCNT(旧富士通コネクテッドテクノロジーズ)製のLTE(4G)スマートフォン「arrows Be4 Plus F-41B」を発売する。ドコモオンラインショップにおける税込み販売価格は2万1780円となる。



【その他の画像】



【更新:20時40分】写真の追加と追記を行いました



 その名の通り、F-41Bは2020年夏モデルとして登場した「arrows Be4 F-41A」をベースにスペックを底上げしたモデルで、主に子どもやシニア層の利用を想定して開発された。



 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 460」で、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBを備える。外部ストレージは最大1TBのmicroSDXCを搭載できる。プリインストールするOSは「Android 11」だ。



 ディスプレイは約5.6型の有機ELを搭載している。解像度はHD+(720×1480ピクセル)で、先代と比べると解像度が落とされている。解像度を落としたのは「バッテリー持ちをより長くすることと、想定ユーザーがそこまでの高解像度を必要としないこと」(関係者)を踏まえた判断だという。



 「おサイフケータイ」やFMラジオチューナーも内蔵している。FMラジオアプリは「radiko+FM」で、FMラジオを受信できない場所ではIPサイマルラジオを利用可能だ。



 アウトカメラは1320万画素、インカメラは810万画素のシングル構成で、AI(人工知能)を活用したシーン認識にも対応している。本体背面には指紋センサーを備えており、これを活用した自撮り機能「スマートセルフィー」も搭載している。インカメラは約800万画素となる。



 ソフトウェア面では、文字やアイコンを大きくしたホームアプリ「シンプルモード」をプリインストールしている。また、2つのアプリをペア設定して、片方のアプリを利用した後に他方のアプリを簡単に起動できる「FASTウォレット」機能も搭載している。FASTウォレットは、その名の通りスマホ決済アプリとポイント(会員証)アプリとのペア利用を想定したものだ。



 泡ハンドソープや中性食器用洗剤で洗ったりアルコールで除菌したりできるボディーは、背面に抗菌塗装を施すことで清潔さを保ちやすくなった。この抗菌塗装は、SIAA(抗菌製品技術協議会)による認証も取得している。MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠する耐衝撃/耐環境性能も備える。



 ボディーサイズは約71(幅)×148(高さ)×9.4(厚さ)mmで、重量は約160gとなる。カラーはレッド、ホワイト、ブラック、の3つを用意する。バッテリー容量は3600mAhだ。


このニュースに関するつぶやき

  • 次回は洗濯機対応とか?(笑)
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定