カラスの威嚇攻撃のシーズン真っただ中 不意の突撃を食らわない簡単な方法とは?

143

2021年06月05日 09:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真写真はイメージ(GettyImages)
写真はイメージ(GettyImages)
「朝、散歩をしていたら、カラスが背中の肩甲骨のあたりに突撃してきました。バレーボールのアタックを間近で受けたくらいの衝撃でよろけました。怪我はしなかったですけど、人通りのない早朝に“何!?”って、とにかくビックリしましたね」

 とは、都内在住の40代男性。散歩中のカラスの攻撃にとても驚いたそう。

【図】カラスだけではないコロナ禍で増えた「ハト害」の被害レベルチェックはこちら

「実験中、 私も何回もカラスに当たられたことがあるんですが(笑)、結構、強いですね。威嚇攻撃されたことは1回あって衝撃はあります。カラスも勢いよく飛んでくるので、当たり所が悪ければ、それが直接の原因ではなく、よろけて転んだりという怪我は考えられるかもしれません」

 カラスの威嚇攻撃を教えてくれたのは、国立大学法人・宇都宮大学バイオサイエンス教育センター特任助教で株式会社CrowLab代表取締役の塚原直樹 さんだ。塚原さんによれば、このカラスの威嚇攻撃はまさにシーズン真っただ中だという。

――なぜ、今が威嚇攻撃の“シーズン”なのか?

「地域により時期は多少ずれますが早ければ5月の初めから7月くらいまでは人への威嚇攻撃が多くて、一番多くなるのがヒナが巣立ちをする時。ヒナは巣立った後も親からえさをもらったり、飛ぶ練習をしています。その期間が、親であるカラスの人への威嚇攻撃が一番多いんです。ヒナがまだ飛ぶのが上手ではなくて、さらに警戒心も薄く、人がよく通る道路で休んでいたりするんです。そんなことを知らずに人間が近づいてしまうと、カラスの親からすると、“ヒナが襲われる”と勘違いして、決死の覚悟で攻撃してくるとうのがほとんどです。ヒナの巣立ちがちょうど今で、威嚇攻撃が多くなる時期です」

――威嚇攻撃と言うと怖い感じがするが実際は?

「カラスの体重も600〜800グラムなので、勢いよく飛んでくるというのはありますが、倒れ込むほどのことではないです。カラスも人を威嚇攻撃する時は、積極的に“コイツを襲ってやろう”としているのではなくて、カラスに自分の子どもであるヒナがいて、その子どもを守るために敵をどこかに追っ払いたくて威嚇をするわけです。カラスからすると、ヒナを守ろうという時はパニック状態というか、かなり焦っている。だから、目測謝って勢いよくぶつかってくることもあるんです」

――コロナ禍でカラスにも“変化”が?

「コロナの影響と言いますと、カラスの餌場 の変化ですね。都市部の繁華街が緊急事態宣言などで営業自粛ですとか時短営業で、繁華街から出るごみの量は明らかに減っていると思うんです。一方、ステイホームによる家庭ごみが増えている。それに伴って、住宅街のごみの量は増えている。各餌場の餌の量が変わることで、カラスにとっての行動が変化することは考えられます」

――住宅街でカラスが増えている?

「ステイホームになった当初、生ごみだけではなくて、家の掃除をして不用品を出して、ごみ全体の量が増えたという話も聞きます。結果として、カラスよけネットで覆えていたごみが、はみ出るくらいになってしまっていて、はみ出しているところをカラスが狙ってくる。カラスにとってはごみへのアプローチがしやすくなっている。“あのごみ置き場はいい餌場だ”と覚えられてしまって、住宅街ので目撃されるカラスやカラスによるごみ荒らしの被害は増えている可能性はあると思います」

――餌場の変化で住宅街へ?

「カラスの行動範囲は数キロに渡ります。繁華街を餌場にしていたカラスが、“ここは餌が出ないから住宅街に行く”という餌場を変えるというのはありえます。ただ、その影響でカラスの住処が変わるとか、年間を通じて生息域が変わるとかは考えにくく、数キロを1日で移動してしまうので、その規模感からすると、コロナだからは関係なく、カラスの個体数そのものは変化しない。

 ただ、住宅街でカラスが増えたと感じていらっしゃる方もいて、その理由のひとつは先ほどお話したごみ全体の量が増えたためにカラスに荒らされるような現場を見かけるから。さらに、ごみがたくさん出るので回収の時間も遅くなってしまっている。それによって、カラスに狙われる時間も長くなる。そういう意味で、荒らされる機会が増え、ごみ置き場でカラスを見かける機会が増える。あとテレワークで普段は家にいないお父さんなどコロナ禍でなければ朝には出勤している人が、住宅街でカラスを見る機会が増えたとも考えられます」

――威嚇シーズンの防御法は?

「カラスは襲ってくる前に警告をしていて、最初は警戒の声を出します。“カッ、カッ、カッ、カッ……”という短い声の繰り返しです。この声は、カラスの声を聞き慣れた方でないと、他の声との違いがわかりづらく、なんとも聞き分けにくいかもしれません。ちなみにCrowLabのYouTubeでその声を紹介してます。

 さらに危機感を感じると威嚇の声に変わる。人間に対して“近寄るな!”という声を発するんですが、その声は“ガァー―――ガァー―――”と濁った感じの長めの声です。 その声は、年がら年中発している声ではなく特徴のある声のため、聞き分けやすいかと思います。今の時期にその声を聞いた時には“近くに威嚇攻撃してくるカラスがいるかも”と警戒し、用心してその付近を通り過ぎると急な威嚇攻撃でよろけて怪我をするということもないと思います」

――濁った鳴き声が聞こえた時に取る行動は?

「人に対してカラスは恐怖心を持っているというか、人間の方がカラスよりもはるかに大きいので、人を怖がっているのは確か。だから、カラスが真正面から攻撃してくることはあまりない。基本的には死角から攻撃してきます。そうなると狙ってくるのはだいたい後頭部。カラスの巣の近くを通る時には、後頭部を守るような帽子をかぶる、傘をさすなどで防ぐことはできます。

 あとは、“万歳ポーズ”。これはNPO法人札幌カラス研究会 の中村眞樹子さんの考案なのですが、万歳つまり両腕を上げたポーズをしながらカラスの巣の付近を通過する。腕上げすることでカラスが後ろから人をめがけて降りてくる時に、翼に腕が当たる可能性がある。カラスの翼って非常に敏感で、翼にモノが当たるのをとても嫌がるんですよ。翼に何か当たる可能性があるとなるとカラスも躊躇したり、少し遠巻きに様子を見ていることになる。それで、勢いが弱まったりするので、誰にでも簡単にできる、素晴らしい対策だなと思います」

 コロナ禍で運動不足解消に早朝散歩をしている人も多いかと思うが、濁った鳴き声を聞いたら万歳ポーズを!

(文・AERAdot.編集部 太田裕子)

このニュースに関するつぶやき

  • 万歳ポーズ...覚えておこう(^_^)
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • カラスも子供を守るために必死の行動だからね。カラスを飼ったことがあり、雛の頃は膝で寝たり、幾つかの日本語の単語が話せたり、光るもののコレクションとか楽しかった。
    • イイネ!41
    • コメント 17件

つぶやき一覧へ(88件)

前日のランキングへ

ニュース設定