中国で「反外国制裁法」が成立 欧米の制裁に対抗

152

2021年06月10日 20:51  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会で10日、外国から制裁を受けた際に報復する「反外国制裁法」が成立した。高速通信規格「5G」や新疆ウイグル自治区を巡る問題で圧力を強める欧米に対抗する狙いがある。


 具体的な内容は近く公表される。国営新華社通信は同法について、「外国の差別的な措置に反撃する際の強力な法治による支えと保障を提供するため、反外国制裁法の制定が必要だ」と伝えた。中国が強力な報復措置をとるようになれば、欧米との間の緊張関係が高まる可能性がある。


 中国は、トランプ米前政権で続いた中国企業などへの制裁への対抗策を次々に制定している。昨年10月には、安全保障を理由に輸出規制を厳しくする「輸出管理法」を制定。他国が中国に対して輸出規制などの措置をとった場合に、同じ措置をとれるとした。また、商務省が1月に施行した「外国の法律及び措置の不当域外適用を阻止する弁法」では、外国の不当な制裁に従って中国企業との取引をやめるなど損害を与えた場合、中国側は損害賠償請求できると明記。日本企業にも影響を与える可能性がある。(北京=西山明宏)


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • コイツらの温厚無知さには、むしろ見習うべきとこもある
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • おーい、企業は中国から引き上げる時期が来たぞーい(笑)
    • イイネ!92
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(112件)

前日のランキングへ

ニュース設定