「マスク頭痛」が急増中 原因は片頭痛と筋肉のコリ…専門医に聞く解消法

273

2021年06月11日 11:50  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真イラスト/宮野耕治(AERA6月14日号から)
イラスト/宮野耕治(AERA6月14日号から)
 コロナ禍で一日中着けるようになったマスク。それが理由で頭痛に悩まされている人が増えている。AERA 2021年6月14日号は、専門家に原因や対策を聞いた。

【マスク頭痛の解消法】片頭痛に効くのは? 専門医が教える方法はこちら

*  *  *
 頭痛の専門医で、東京都調布市の「にわファミリークリニック」の丹羽潔院長によれば、マスクのせいで頭痛を訴える人が以前の2倍近くになったという。

 その原因は大きく二つある。一つ目はもともと片頭痛持ちの人で、マスクという原因が加わり症状が引き起こされるケース。もう一つはコリの頭痛、緊張型頭痛と言われるものだ。

■片頭痛とコリが原因

 片頭痛は「二酸化炭素過多」の状態が関係している。マスクを着けていると自分が吐いた呼気、つまり二酸化炭素を多く含んだ空気を吸うことになる。これにより脳内の血管が拡張し、片頭痛が起きる。丹羽院長は、「酸欠で頭痛になると思っている人がいますが、酸素が少なくても血管はほとんど広がりません。二酸化炭素が増えることで血管が拡張するのです」と説明する。

 二酸化炭素が多い状態が5分続くだけでも血管は拡張するという。また、吐いた息は温度が高いため、マスクの中がまるでサウナのようになる。それが熱中症のような状態を招き、血管の拡張につながるという。

 丹羽院長によれば、例年5月から7月は片頭痛の悩みを訴える人が多いという。低い気圧、高い気温、高い湿度。これらがいずれも片頭痛の要因になるためだ。これからの季節、特に注意が必要だ。片頭痛が起きてしまったときの対策としては、

「喉仏(のどぼとけ)の横にある頸動脈(けいどうみゃく)のところを冷たいペットボトルや缶コーヒーで冷やすと、血管がぎゅっと収縮するので効果があります。カフェインも血管を収縮させる働きがあるのでおすすめです」(丹羽院長)

 二つ目のパターンが、コリによる頭痛だ。こちらはマスクのゴムを耳にかけていることで、側頭筋(そくとうきん)と言われるこめかみの筋肉、咬筋(こうきん)という噛(か)むための顎の筋肉、首にある胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)と呼ばれる筋肉に、それぞれ負荷がかかることから生じる。

 また、マスクをしていると表情筋を使わなくなるため、頬をつり上げる大頬骨筋(だいきょうこつきん)、頬の張りを保つ小頬骨筋(しょうきょうこつきん)などの筋肉もコリ固まる。

■美顔ローラーが役立つ

 このように顔や首の筋肉が収縮し硬くなると、血流障害を引き起こす。すると痛みの原因物質である「プロスタグランジン」が発生し、頭痛を感じるのだという。市販の頭痛薬はこのプロスタグランジンの生成を抑えるもので、コリの頭痛にはこうした痛み止めも効くという。

 他にも、コリをほぐすことで楽になる、と丹羽院長は言う。

「マスクの中で口を動かしたりガムを噛んだりして、意識的に表情筋を動かしましょう。美顔ローラーなどを使ったマッサージで改善される人も多くいます」

 ただしマッサージで効果を得るには5分以上必要で、かつ毎日ほぐすことが大事だという。

 文京学院大学准教授で理学療法士の上田泰久さんも、マスクによる末梢(まっしょう)神経と筋・筋膜の圧迫に伴って首コリや頭痛が起きると説明する。

「マスクの耳にかけるゴムの部分は、ちょうど頸部(けいぶ)の末梢神経がある部分です。大耳介(だいじかい)神経や小後頭(しょうこうとう)神経などの神経が圧迫されることで、痛みを感じるようになります」(上田准教授)

■鼻呼吸で深呼吸

 耳の後ろには前述の胸鎖乳突筋があり、この筋肉やそこからつながっている筋膜・神経が圧迫されると、首まわりにダルさを感じる状態になる。対処法としては、まずは手でゴムの部分を緩めて耳の後ろの圧迫を取り除くこと。さらに血流をよくするために耳の周辺をほぐすことが有効だという。

「軽く耳を引っ張ったり、耳の後ろの筋肉を揉んだり、レンジでチンしたタオルで温めたりするのも、効果があるでしょう」(同)

 ただ、片頭痛とコリの頭痛は、どちらか一方ではなく、両方を併発するケースも多いという。効いていた薬が効かなくなったり、月6日以上起きたりするなら、病院を受診してほしいと丹羽院長はアドバイスする。

 最後に、マスクをした状態での呼吸について、東京工芸大学の山本正彦教授は鼻呼吸で深く呼吸することの大切さを強調する。

「哺乳類は5500種いるといわれますが、口呼吸をするのは人間だけなんです。(体を守る役割をする)白血球の活性度も鼻呼吸で上がるという研究があります」(山本教授)

 息苦しいと感じると、つい口呼吸になってしまいがちだ。だが、実は口呼吸よりも鼻呼吸の方が酸素を取り込む量は多いという。また、1回換気量(1回の呼吸で気道や肺に出入りするガスの量)が300ミリリットルの浅い呼吸を20回繰り返すのと、600ミリリットルの深い呼吸を10回繰り返すのでは、肺に届く酸素の量は後者の方が多くなるという。これは1回の呼吸ごとに「ロス」のようなものが生じるからだ。

 普段、無意識のまましている呼吸に、マスクが大きく影響を及ぼしているのは間違いない。コロナ時代のマスクリテラシーを身につけ、危険を避けながらうまく付き合っていきたい。(編集部・高橋有紀)

※AERA 2021年6月14日号より抜粋

このニュースに関するつぶやき

  • 子供用マスクを研究所で分析すると…恐ろしい結果が!分析により、マスク上で11の驚くほど危険な病原体が検出されました。https://bit.ly/3qedOshこんな菌が付いたマスク病気の要因だよ!
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 基本、人が周囲にいない時は外すのがベスト。そもそもつけている意味がない。で、仮にマスクしていても人が多い場所でしゃべりまくるのはアウトだし、そういう人がいた場合、私は離れる。
    • イイネ!87
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(129件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定