かつての人材難がウソのよう。最強のCBコンビ不在が気にならなかった

1

2021年06月12日 16:41  webスポルティーバ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 かつて日本のサッカー界は、確かにセンターバック(CB)の人材不足に頭を悩ませていた。それほど大昔の話ではなく、たかだか10数年前の話である。

 多くの人の記憶に残っているわかりやすい例が、2006年ワールドカップだ。

 日本はグループリーグ初戦でオーストラリアと対戦。1−0のリードで迎えた試合終盤、のちに名古屋グランパスで活躍するFWジョシュア・ケネディをターゲットに、徹底した放り込み作戦に打って出たオーストラリアに屈し、たちまち3点を失って逆転負けを喫した。

 当時、史上最強とうたわれていた日本代表は、この初戦での負けが響き、1勝も挙げることができずにグループリーグで敗退している。

 もちろん、これは一例に過ぎない。

 年代別代表を含め、国際大会を取材していてしばしば目にしたのは、相手のロングボール一辺倒の攻撃を、わかっていても防げない日本の守備。ロングボールに競り負け、セカンドボールを拾われ、ひたすら後退を余儀なくされた。

 だが、時代は間違いなく変わっている。

 日本がセルビアに1−0で勝利した親善試合。この試合でCBを務めたふたり、すなわち、谷口彰悟と植田直通の"大津高校OBコンビ"は実に頼もしかった。

 相手がシンプルに日本ゴールへ近づこうと、何度も放り込んでくるロングボールを的確に跳ね返す。攻めている割には決定機が作れない日本の攻撃に、いくらか焦れったさがあったのは確かだが、彼らのはね返しがなければ、そもそもここまでボールを保持し続ける展開にはならなかったはずだ。

「一発目のロングボールの競り合いで相手に体を強く当てられ、自分のタイミングで飛べなかった」

 谷口はそう言って試合序盤を振り返るが、それに臆することはなく、「やりながら、飛ぶタイミングを変えたりできた」と、冷静に相手選手を見ながらプレー。「体格がいい選手に(自由に)やらせないことはある程度できたかな」と、手応えを口にした。

 ロングボールをはね返すだけではない。CKからの完全にデザインされたプレーで奪った先制点にしても、谷口のヘディングを経て生まれたものだ。CBの高さは攻守両面で生かされていた。




 また、彼らが誇示したのは高さだけではなかった。

 かつて日本で大型CBを探そうと思えば、少なからず足下の技術には目をつぶる必要があった。要するに背の高いCBは、得てしてボール扱いが下手だったのだ。

 しかし、そんなイメージもすでに過去のものだ。

 Jリーグ随一のパスサッカーを操る川崎フロンターレでプレーする谷口はもちろん、植田にしてもそつなくビルドアップに加わることができていた。

 CBがあたかも"アリバイ作り"のごとく、形だけビルドアップに参加するようでは、相手の守備ブロックは崩れない。

 最終ラインで横パスをつなぎながらも、機を見て縦パスを打ち込む。あるいは、前方にスペースがあれば、自らボールを持ち出す。そうしたプレーが必要なことは、谷口が「(南野)拓実や(鎌田)大地が前向きでプレーできるとチャンスが増える。それをいかに作れるかを考えた」と話しているとおりだ。

「(パスを)出し入れしながら(相手ブロックの)間をのぞく。チームでやっていることが生かされた」

 川崎の攻撃的スタイルを支えるキャプテンはそう語り、胸を張った。

 現在の日本代表は、主力のCBをふたりまとめて欠いている。吉田麻也、冨安健洋が、東京五輪を約1カ月半後に控えた五輪代表(U−24代表)に加わっているためだ。

 ともにイタリア・セリエAでプレーする吉田と冨安は、現在の日本代表において特別な存在である。高さとうまさを兼ね備えているという点では、かつて日本代表の最終ラインを支えた闘莉王と中澤佑二さえも上回る、代表史上最高のCBコンビかもしれない。

 だとすれば、彼らが抜けた穴は、そう簡単に埋められるはずもなく、今回の日本代表の活動は他のCBを試す好機である一方で、彼らへの依存度の高さが改めて浮き彫りになる不安もあった。

 だが、「こんなチャンスはなかなかないと思っていた。持っているものをすべて出し切ろうという思いで臨んだ。セルビア相手にどれくらい自分のプレーが通用するのか、楽しみな部分もあった」と谷口。今の日本代表は主力CBをふたりまとめて欠いても、代役がこれだけできる。しかも、そのうちひとりはJリーグでプレーする国内組だ。その事実は、日本代表という1チームに限らず、日本サッカー全体にとって大きな収穫だったのではないだろうか。

 同じ国内組のCB、昌子源も「谷口選手は(チームで)一番すばらしいパフォーマンスだったと、いろんな人が思ったと思う」と言い、「僕も刺激を受けるし、負けたくないという気持ちもある」と話す。

 もちろん、相手のセルビアは「今回来ているのはAチームだが、Bチームのメンバーも入っている。チャンスを与えられた若い選手がどういうプレーをするかが重要だった」(ドラガン・ストイコビッチ監督)。主力選手が顔をそろえ、シビアな勝負を挑んでこられたら、これほど楽には戦わせてもらえなかっただろう。

 それでもかつての日本なら、A代表での実績に乏しい若手にさえ、たやすく手玉に取られていたかもしれないのだ。谷口が力強く語る。

「久々に代表に呼ばれて、これくらいできると見せないと次はない」

 代役が覚悟を持って臨んだ一戦に、かつて感じた脆さはなかった。

    ニュース設定