白間美瑠、NMB48最後の1期生になった理由 「ダメダメだった」泣き虫の恩返し

3

2021年06月13日 11:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真卒業を控えるNMB48最後の1期生でエースの白間美瑠
卒業を控えるNMB48最後の1期生でエースの白間美瑠
 2010年に結成された大阪・難波を拠点に活動するNMB48の最後の1期生・白間美瑠(23)が、10年以上の活動を経てまもなくグループを卒業する。SKE48は4月の松井珠理奈(24)、AKB48は5月の峯岸みなみ(28)の卒業をもって、1期生が全員卒業。NMB48もこれに続く形となる。泣き虫の妹キャラだった白間は、同期の“さや姉”こと山本彩(27)からグループの未来を託され、エースとして後輩たちにしっかりと「NMB魂」を伝承して卒業を決めた。「ダメダメだった」と自認する初期から、「人生をかけてずっとやっていきたい」という今後の目標までを聞いた。

【インタビューカット7点】10年半のNMB48生活を振り返る“みるるん”

■毎日怒られていた初期 同期たちに感謝の気持ちを伝えたくて

――NMB48卒業が迫っていますが、改めて、卒業を意識し、最終的に決めたのはいつ頃だったのでしょうか。

【白間】2年前くらいから「卒業」の2文字が頭の中にあって、明確に「卒業しよう」と決めたのは、『NAMBATTLE 〜戦わなNMBちゃうやろっ!〜』(1月〜3月にかけて行われた6グループ対抗イベント)の期間中です。

――卒業発表したのが『NAMBATTLE』決勝大会の3月2日だったので、決断されたのは直前だったんですね。

【白間】そうなんです。ずっと卒業を発表するタイミングを考えつつも、最後の1期生としてNMB48にまだまだ伝えられることがあるだろうし、まだ卒業するタイミングではないとも思っていました。そのなかで『NAMBATTLE』を通して後輩メンバーの成長もすごかったですし、そこで「NMB48を任せても大丈夫だ」という安心感ができたので決意が固まりました。

 今のNMBには昔ながらのど根性だったり、気合だったり、泥臭さが足りないなと思っていました。そんななかで『NAMBATTLE』を通して昔のメラメラしたNMB48の空気感が蘇ってきて、ここで私が卒業を発表しても、「ポジションに空きが出るから私がやってやるぞ!」という気持ちになってくれるだろうなと確信しました。

――卒業発表することは同期には伝えていたんですか?

【白間】同期には誰にも連絡しませんでした(笑)。吉田朱里ちゃんの卒業コンサート(2020年10月24日、大阪城ホール)で同期が集まったときに「美瑠はめちゃくちゃ頑張ったし、いつ卒業しても大丈夫やな」と言ってくれていたので、自分から報告しなくてもみんなは理解してくれるかなと思って。現役メンバーの中では、キャプテンの小嶋花梨ちゃん、一番仲のいい加藤夕夏ちゃん、出口結菜ちゃんには事前に伝えていました。

――卒業発表したときは「1期生のみんなを見送ってから卒業しようと思っていた」と言っていましたが、お姉ちゃんのような同期たちにかわいがられてきた妹の務めを果たしたという感覚でしょうか?

【白間】そうですね。1期生の年少組(下から2番目、中学1年で加入)で、ダンスレッスンは一番ついていけなくて、毎日先生に怒られていました。レッスン場を飛び出して「もうできひん」ってずっと泣いていたら、さや姉(山本彩)やお姉さんメンバーが慰めてくれたこともありました。本当に手間のかかったメンバーだったと思います。そんなダメダメだった私が同期たちに感謝の気持ちを伝えられる方法といったら、最後まで残って、しっかりNMB48を引っ張り上げる姿を見せることかなと思ってやってきました。

■覚悟が決まった“さや姉”の言葉「本当に重みがありました」

――10年間の活動の中で、最も印象に残っている言葉や大事にしてきた言葉はありますか?

【白間】やっぱりずっとNMB48を先頭で引っ張ってきてくれて、かっこいい背中を見せ続けてくれたさや姉の言葉は本当に重みがありました。特に、さや姉が卒業(2018年11月)するときに「これからのNMBを任せたで」と言ってくれた言葉は、重みが全然違いました。シンプルな言葉ですけどグサッと刺さって、「よっしゃ! ここからは私がNMBを引っ張るぞ!」と覚悟が決まった言葉で。後輩の手本となるように人一倍練習して努力しようという意識が強くなりました。

――その役割をまっとうして後輩たちを背に卒業発表したときはどんな心境でしたか?

【白間】泣くのかなと思っていましたけど、堂々と笑顔で発表できてよかったなと思います。でもイベントが終わってから後輩メンバーが「寂しいです」って泣いてくれていたので、「私のために涙を流してくれるんや…」って、びっくりしましたけどうれしかったです。

――5月30日に大阪城ホールで行われる予定だった卒業コンサートは緊急事態宣言のため延期となりましたが、現在の心境は?

【白間】NMB48に在籍している間に、後輩メンバーに昔ながらのNMBの良さを伝えるのが私の役目。それが私のNMB48への恩返しになると思うので、残せるものはしっかり残して、渡せるものはしっかり渡して、最後まで駆け抜けたいなと思っています。

――先ほども「ど根性」「泥臭さ」という言葉がありましたが、一番後輩たちに伝えたい、忘れないでほしいなと思うNMB48らしさ、伝統とは?

【白間】やっぱり、気合や泥臭さがNMBらしさだと思います。「アイドルがそんなこともやっちゃうの?」ということまでたくさん経験させてもらえるのが良さですし、それを楽しんでやりきるのがNMBらしさ。どんな壁にぶち当たったとしても、楽しんで、全力で、がむしゃらにやりきって、みんなで乗り越えてもらえたらなって思います。

――AKB48の活動と兼任されていた時期(2015年春〜18年春)もありましたが、他の48グループともカラーは違うものですか?

【白間】全然違いますね。シングルの楽曲一つとってもわかると思うんですけど、大阪拠点なのでおもしろ要素が入ってきて、「北川謙二」「ワロタピーポー」とか、いい意味で変な楽曲が多い(笑)。そういう笑いの部分でも、どのグループにも負けてほしくないなって思います。

――卒業発表後には、「気合・感謝・根性」をテーマにした白間美瑠プロデュース公演も行われました。

【白間】この公演を卒業する前に残せて本当によかったなと思っています。後輩たちが最後、ステージからはけてくるときに、前髪ぐっちゃぐちゃ、汗だっくだくなんですけど、目を見るとすごくキラキラ輝いていたんです。1期生が作り上げてきたNMBの伝統も残しつつ、今の良さもどんどん伸ばしていってほしいです。NMB48は最高だと思うし、どこのグループにも負けてないと思うので、これからのNMB48が楽しみで仕方ないですし、ずっと見続けていきたいな、応援したいなと思います。

■歌って踊れるソロアーティストに…人生をかけてやっていく決意が固まった

――卒業後、どのような活動を思い描いていますか?

【白間】アイドル活動を通して、歌って踊ってパフォーマンスを通して応援してくださる方に勇気や元気を届けて、笑顔になってもらえることが自分にとって一番幸せなことだと気づきました。人生をかけてずっとやっていきたいと決意が固まったので、歌って踊れるソロアーティストになりたいというのが一番大きな目標です。演技をさせていただく機会があれば女優業もやりたいなという夢もありますし、何でも挑戦していきたいと思っています。

――コロナ禍で活動が制限される一方で、時間もできたと思いますが、ソロアーティストとしてやっていくうえで準備していたことはありますか?

【白間】ゆくゆくは海外でもコンサートをしたいという夢があるので、まずは韓国語の勉強をしたりしていました。本当にちょっとだけですけど。

――それは韓国の人気オーディション番組『PRODUCE 48』での経験に手応えを感じたということでしょうか?

【白間】はい。韓国にもファンの方がたくさんいてくださって、私が卒業発表したときも、韓国でニュースになったと聞きました。コロナの心配がなくなったら海外のファンの方にも恩返ししたいなと思っています。あとは、自分から何か発信できないかなと考えて、YouTubeチャンネルを2020年9月に開設しました。

――YouTubeではスケボーやスノボーをやったり、“みる姉さん”に扮したりと、さまざまな動画を投稿されていますが、手応えは感じていますか?

【白間】バラエティーでしゃべることに苦手意識があったので、それを克服するために始めたという意味合いもありました。見返すと、始めたばかりのときよりも今のほうがしゃべれるようになっていて、やってよかったなと思いますし、YouTubeを通して「みるるんってこんなことできるんや」と新しい一面もお見せすることができたので、これからもどんどんYouTubeやSNSを使っていろんな私を発信していきたいと思っています。

■卒業シングルで決意新た「もう一度足元踏ん張って」

――16日にはNMB48卒業シングルとなる「シダレヤナギ」がリリースされます。いよいよラストスパートですね。

【白間】正直まだ実感が沸いていないんですが、卒業シングルでステキな楽曲をいただけたなと思います。歌詞は切ないんですけど、芯の強さもしっかり込められていて。「シダレヤナギ」の花言葉は「自由」なんですけど、NMB48から外に出て自由になっていく私を表現するような曲になっていると思いますし、すごく自分に刺さる曲です。

――中でも刺さったフレーズは?

【白間】「想う気持ちが折れないように 足元 踏ん張ってても」のフレーズです。この10年間、足元を踏ん張らなきゃいけないことがめちゃくちゃたくさんあったので。グループを卒業しても、「もう一度足元踏ん張って、しっかり恩返ししていかな」という気持ちにさせられました。

――ミュージックビデオの撮影でも卒業の実感は沸かなかったですか?

【白間】卒業シングルのMVはだいたい、卒業メンバーを送り出すような演出があるんですけど、私はしんみりしたくないので、そういう演出を望んでいないことを監督に伝えていました。それなので、「これからもやってやるぞ!」「これからのNMBも楽しみにしていて」「白間美瑠のこれからも楽しみにしていてください」というギラギラしたMVになっています。それもあって、撮影時にも卒業する実感は沸かなかったですね。後輩たちからも「本当に卒業するんですか?」って言われるくらい、ふだんどおりの撮影でした。

――ソロの卒業曲「いつもの椅子」のレコーディングではいかがでしたか?

【白間】この曲のレコーディングは泣きましたね。「頑張ってきたね」という歌詞が入っていたので、今までのつらかったこと、楽しかったことを思い浮かべながら歌っていたら、勝手に涙が出てきました。すごくステキな曲だと思います。

レコーディング前には家でも練習して、両親にも聴いてもらったら「めっちゃいい歌やん。よう頑張ってきたな」とか「自分の曲を書いてもらえるって幸せなことやね」と言ってくれました。早く皆さんにも聴いていただきたいですね。

――卒業コンサートは延期となりましたが、話せる範囲でプランを教えてください。

【白間】この10年間で、センター曲、チーム曲、ユニット曲、公演曲、AKB48での選抜曲や公演曲など、参加させていただいた楽曲がたくさんあるので、なかなか時間内に収まりきらないんですよ。「あれもやりたい」「これもやりたい」と、できる限り詰め込みました。あとはブロックごとに、エモいブロック、面白いブロック、未来の私の姿を見せられるようなかっこいいブロックもあるので、感情の波がすごく激しいライブになるんじゃないかなと思います。この10年間のストーリーを、成長を、お見せできるようなライブにしたいです。

――「卒業旅行」(1期生を送り出すときに1期生が歌う定番曲)はどうなるんでしょうかね?

【白間】どうなるんでしょうね(笑)。最後の1期生なので、締めくくりにはなりますよね。これからのNMB48にとっても大事な一歩にもなるライブになると思うので頑張ります!

――ファンに向けてメッセージをお願いします。

【白間】NMBでの10年間、初期の頃は本当にダメダメで、今の私がいるのはファンの皆さんがずっと見守り続けてくれて、そっと背中を押して、応援してくださったおかげです。卒業までの期間と、卒業してから頑張る姿が本当の恩返しだと思うので、全力でがむしゃらに頑張る姿で笑顔や元気を届けられるように、これからも頑張っていきたいなと思います。

◆プロフィール
白間美瑠(しろま・みる)
1997年10月14日生まれ、大阪府出身。2010年9月、「NMB48オープニングメンバーオーディション」に合格し、同年10月9日に1期生としてお披露目された。デビュー曲「絶滅黒髪少女」(2011年7月発売)から選抜メンバーに選ばれ、10thシングル「らしくない」(14年11月)では2期生の矢倉楓子とともにWセンターを、17thシングル「ワロタピーポー」(17年12月)では単独センターを務めた。最新25thシングル「シダレヤナギ」(6月16日発売)を最後に卒業することが決まっており、7月7日には卒業記念写真集『REBORN』が発売される。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 冷静に考えろよ�ܥ����äȤ�����13歳から金稼いでるってことだよな?(��)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定