【天然氷】これぞ「究極かき氷」! ニューオータニの“超高級&ふわっふわ”な一品♪

1

2021年06月13日 11:21  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
ホテルニューオータニ(東京)では、2021年9月30日(木)まで、日光天然氷とホテルの厳撰素材で作り上げた究極のかき氷『サツキ江戸かき氷』を販売しています。

【ギャラリー】この記事の写真をもっと見る

『サツキ江戸かき氷』は、日光天然氷を使用した、まるで綿あめのような柔らかさの食感が楽しめるかき氷です。

日光天然氷は、代々受け継がれてきた"氷室"を用いた伝統製法で作られており、山あいの氷地に湧水を引き、手を加えずに自然に凍るのを待ち、切り出して氷室に氷を積み上げ、おがくずをまとわせて大切に保存しています。

日光の職人が丹精込めて作り上げた天然氷は、空気や不純物を含まない自然の産物となっています。

削ると綿菓子のような、ふわっふわの柔らかさに仕上がり、滑らかな口あたりとかき氷特有の頭がキーンとなる感覚も少なく、心地よい清涼感が楽しめます。

メニューは、抹茶、いちご、和三盆の3種がラインナップとなっています。

今年はそれぞれのソースの中にくず餅の老舗「船橋屋」の乳酸菌が活きる葛を忍ばせ、食感のアクセントを楽しむことができます。

天然氷ならではの、繊細な味わいに合わせて美味しく優しくパワーアップした、“究極のかき氷”を堪能できます。

■『サツキ江戸かき氷』ラインアップ

■抹茶 2,200円 ※サービス料別

香り豊かな抹茶のシロップに舌触りのすっきりした羊羹ゼリーをのせ、相性抜群の黒蜜あんこと食感を出すために丹波の黒豆を使用しています。

■いちご 2,000円 ※サービス料別

福岡の特撰いちご“博多あまおう(R)”の果肉を使用した、あまおう100%のソースを使用。

ジューシーないちごの果肉とふわふわかき氷のコントラストがたまらない逸品。

■和三盆 2,200円 ※サービス料別

まろやかな甘みの和三盆糖と黒蜜を合わせた“和”の味覚。

白玉・羊羹ゼリー・黒蜜あんこを忍ばせ、隠し味に“藻塩”を使うことによって、和三盆糖の上品な甘さをさらに引き立てています。

■『サツキ江戸かき氷』販売概要

【期間】2021年9月30日(木)まで

【時間】

ランチ 11:30〜14:00(L.O.)
ディナー 17:00〜20:00(19:15 L.O.)
ティータイム(土・日・祝のみ ) 14:00〜17:00(16:30 L.O.)

【販売場所】日本料理 KATO’S DINING & BAR(ガーデンコート ロビィ階)

【ご予約・お問合せ】03-3221-2857(KATO’S DINING & BAR直通)

このニュースに関するつぶやき

  • 【氷地】でなく【氷池】な気がしてならないため、ニューオータニ公式がどう書いているのか気になってニューオータニサイトを見てみましたが、この記事のコピペっぷりに呆れました。なんとも楽な仕事ですね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定