デンマーク会長、試合再開の決断を振り返る「クリスティアンのためにプレーした」

0

2021年06月13日 12:50  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真不測の事態を経て、最後まで試合を戦ったデンマーク代表 [写真]=Getty Images
不測の事態を経て、最後まで試合を戦ったデンマーク代表 [写真]=Getty Images
 デンマークサッカー協会のピーター・メラー会長は、EURO2020・グループB第1節のフィンランド戦でMFクリスティアン・エリクセンがピッチに倒れたアクシデントについて語った。

 12日に行われたデンマーク対フィンランドの一戦で、エリクセンが突然ピッチに倒れ込み、心臓マッサージなどの処置が行われるアクシデントが発生。近隣の病院に緊急搬送されたエリクセンはその後意識を取り戻し、一命をとりとめることとなった。一時中断されていた試合は、2時間近くの時を経て再開されている。

 試合の再開前、選手たちがエリクセンとオンラインで会話したことを明かしたデンマークのメラー会長は、「クリスティアンのためにプレーした」と話し、当時の状況を振り返った。

「選手の中には、感情的な面で完全に終わってしまった選手もいた…彼らは抱き合っていたんだ」

「トラウマになりうる経験だった。私は、どんな決断になっても大丈夫だと話した」

 指揮官のカスパー・ヒュルマンド監督は試合再開の決定について、「UEFAからのプレッシャーはまったくなかった」と自分たちの意思での決断だったことを強調。また、選手の心理状態については、「シモン・ケアーは深く、深く心を動かされていた」とし、「プレーを続けられるか疑問があった。続けるという選択をしたが、結局それは無理だったんだ」と、後半の途中にピッチを退いた主将の状態についても語った。
    ニュース設定