軒下でずぶ濡れになっていた猫 看病しているうちに愛着がわいて我が子に

3

2021年06月13日 13:30  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真むにゅーっとほっぺのエクササイズ
むにゅーっとほっぺのエクササイズ

ずぶ濡れになっていた猫

るいくん(4歳・オス)は、2018年8月に北海道瀬棚郡にある民家にいたところを保護された。そこは岩手県に住む山本さんの義実家だった。山本さんは、たまたまお盆休みで帰省していたのだが、猫の声がするのに気付いた。しかし、どこにいるのかさっぱり分からなかった。餌と水を朝と夜、2日ほど続けて置いてみたら、全部食べていたので安心した。

【写真】ドライブが好きなのニャ

「雨の日に軒下でずぶ濡れになっていた時、初めて姿を確認したんです。毛並みも悪くガリガリで、目は目やにでまぶたがくっついて、満足に開かない様子。かすれた声でニャーと鳴くのがやっとのようでした。このまま放っておいたらいずれ死んでしまう、この家に来たのも縁だし気がついたのも縁だから助けたいと思いました。」

山本さんは近くの親せきや友だちに声をかけたが、里親は見つからなかった。義実家にはフレンチブルドッグがいて、仲良くなれそうになかったので連れ帰ることにした。もともとお盆休みで帰省したので、義母にえさと水やりを頼んで一旦帰宅した。自宅に戻って、猫を迎える準備をして、譲渡先や動物病院などを探した。1カ月後猫を迎えに行くと、すっかり人なれしていたので抱っこして捕獲。キャリーバッグに入れて新幹線で居住地の岩手の家まで連れ帰ったという。

吉田類にちなんでるいくん

山本さんはたびたび引っ越しをするので、ペットを飼う予定はなかった。

「でも、動物病院でひと通り検査をしたら猫エイズだったんです。譲渡先が決まっていいたのですが、そこには先住猫がいたので譲渡は断念しました」

るいくんの頭には腫瘍のようなしこりもあり、去勢としこりの手術を終わらせるまで2ヶ月ほどかかった。るいくんの世話をするうちに、山本さんは「手放せない、大事な家族だ」と思うようになったという。

「最初は隠れていたのですが、人が好きなようで、いつも足元にすり寄ってきて可愛いなと思いました。慣れてきたらだんだんおしゃべりになって、今では会話しているように思えます」

なくてはならない存在

保護当時、2.8kgしかなかった体重が、今では5kgになった。名前は、夫婦ともにファンだという吉田類さんにちなんでいる。

性格は甘えん坊で、抱っことおんぶが大好き。アイコンタクトをとって抱っこポーズをとると、かけ登ってくる。

るいくんを迎えた時、山本さんはまずペット可の賃貸住宅に引っ越した。お金はかかったが、それ以上にたくさんの癒しや笑いが増えたという。

「今ではいなくてはならない大切な存在です。わたしたちの息子です。この秋に子どもが産まれるので、お兄ちゃんをしてくれたらなと思っています」

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 私は猫を買ったことがないが飼う猫には不自由しなかった。猫は屋外に落ちてるものだったから。悲しいことにそこら中に落ちてるのだ。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 私は猫を買ったことがないが飼う猫には不自由しなかった。猫は屋外に落ちてるものだったから。悲しいことにそこら中に落ちてるのだ。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定