「呪術廻戦」フェス、1年生と2年生が“荒川横断じゅじゅトラクイズ”で対決

3

2021年06月13日 20:53  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「じゅじゅフェス 2021」の様子。左からパンダ役の関智一、禪院真希役の小松未可子、狗巻棘役の内山昂輝、虎杖悠仁役の榎木淳弥、伏黒恵役の内田雄馬、釘崎野薔薇役の瀬戸麻沙美、五条悟役の中村悠一。(c)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
「じゅじゅフェス 2021」の様子。左からパンダ役の関智一、禪院真希役の小松未可子、狗巻棘役の内山昂輝、虎杖悠仁役の榎木淳弥、伏黒恵役の内田雄馬、釘崎野薔薇役の瀬戸麻沙美、五条悟役の中村悠一。(c)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
芥見下々原作によるTVアニメ「呪術廻戦」のイベント「じゅじゅフェス 2021」が、本日6月13日に埼玉・川口総合文化センターリリアで開催された。

【大きな画像をもっと見る】

イベントには虎杖悠仁役の榎木淳弥、伏黒恵役の内田雄馬、釘崎野薔薇役の瀬戸麻沙美、五条悟役の中村悠一、禪院真希役の小松未可子、狗巻棘役の内山昂輝、パンダ役の関智一が出演。イベントは登壇者が選んだ名シーンの生アフレコからスタートした。キャスト陣は自身が演じるキャラクター以外の登場人物の名シーンをそれぞれ選出する。中村は虎杖と学長の面談、内田は野薔薇と西宮の戦闘、内山はパンダと野薔薇による受け身の練習、瀬戸は野薔薇と真希のやり取り、小松は棘の東堂、花御それぞれとの戦闘シーン、榎木は伏黒の領域展開、関は五条と漏瑚の戦いを挙げ、キャスト陣がそれぞれ生アフレコ。このほか特別編として音響監督の藤田亜紀子、監督の朴性厚が選んだ印象に残っているシーンの生アフレコも展開された。

そして東堂役の木村昴からのビデオメッセージを経て、朗読劇を実施。朗読劇は虎杖、伏黒、野薔薇の1年生メンバーが、五条に本日のイベント開催地でもある埼玉県・川口へと呼び出されることになる「じゅじゅさんぽ『1年ズ・イン・川口』」から始まる。その後真希、棘、パンダの2年生メンバーも同様に五条の呼び出しによって川口へと向かう「じゅじゅさんぽ『2年・ゴー・トゥ・川口』」が催され、全員が揃ったところで、クイズ大会で1年生と2年生が対決する「第1回荒川横断じゅじゅトラクイズ」が行われた。

朗読劇後にはWho-ya Extendedがサプライズで登場し、第2クールのオープニング「VIVID VICE」を披露。さらに真人役の島崎信長からのビデオメッセージが上映されたあと、告知コーナーで「TVアニメ『呪術廻戦』1st.season コンプリートブック」が10月4日に発売されることや、スマートフォンゲームプロジェクトの始動、「劇場版 呪術廻戦 0」のティザービジュアルと、同作の公開日が12月24日に決定したことなどが発表された。

最後に榎木が「まずは劇場版をよろしくお願いします」と、公開日が発表たばかりの劇場版についてコメント。さらにTVアニメについて「続きをやってほしいなという思いがすごくありますね。そのときはアフレコを全員でやれるような環境になっていたら、全然空気感が違ってくるんじゃないかと思います。『呪術廻戦』は人と人との関わりがすごく大切になってくる作品だと思うので、役者同士で交わり合って作品を作っていける世の中になったらいいなと。これからも『呪術廻戦』をよろしくお願いします」とメッセージを送った。

このニュースに関するつぶやき

  • 果たしてテレビシリーズの続きはあるのか
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定