Snow Manラウール、『CanCam』滝沢秀明以来20年ぶりの男性ソロ表紙「縁を感じてしまいました」

0

2021年06月14日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『CanCam』8月号特別版表紙に起用されたSnow Manのラウール (C)小学館
『CanCam』8月号特別版表紙に起用されたSnow Manのラウール (C)小学館
 人気グループ・Snow Manのラウールが、23日発売のファッション誌『CanCam』8月号(小学館刊)特別版表紙を飾っている。これまでもさまざまな時代を象徴する男性アイドルが表紙を務めてきた同誌で、グループ以外で単独で表紙に起用されるのは、2001年の滝沢秀明以来20年ぶり。ラウールは「CanCamの単独男性表紙が、約20年ぶりとうかがって、めちゃくちゃうれしいです!ありがとうございます。しかも、前回が滝沢秀明さんということで、縁を感じてしまいました」と歓喜のコメントを寄せている。。

【写真】通常版表紙は中条あやみ

 撮影は、キラキラのスターを表現した鏡を使った演出で行われ、鏡をのぞき込むように撮影された実像と虚像のふたりのラウールはどちらも大人っぽさが際立ち、男らしい表情に。ラウール自身も「鏡のカット、いいですね! 素敵に撮っていただいてうれしいです!」とお気に入りだったようで、他にも候補があがるなか、編集部も満場一致でこの一枚がカバーとなった。

 10ページの特集では、撮り下ろしカットも満載。時代のスターを象徴するように、ミラーボールや紙風吹を小道具に使い、抜群のスタイルを活かしてステージ上で踊るように撮影されたカットは、まさにキラキラそのものといった仕上がりに。

 そしてインタビューでは「ラウールって、ズバリどんな人?」という質問には「ラッキーな人。本当に運がいいなっていうのは自分でも思っていて、不思議な運命に引き寄せられて、今のボクがいるんですよね。それに感謝して、いろんな形で応えられたらなって思います」と自身を見つめながら決意も新たに。

 今回の表紙も運命的。“ラッキー”を呼び込むのもスターの条件ならば、いまその勢いは圧倒的だ。映画『ハニーレモンソーダ』(7月9日公開)ではこちらも“単独”初主演を務めるラウール。そんな彼に映画のことはもちろん、グループのことやファンのこと、さらには、恋愛観についても話を聞いている。
    ニュース設定